SEMPRE
2000円クーポン 8/31迄
対象商品はコチラ
Artek (アルテック) チェア 看板

北欧モダンの代表ブランド、Artek / アルテック

アルヴァ・アアルトの、人と木の温もりを感じるオーガニックデザインチェア

スツール60 イメージ / Artek (アルテック)

建築家であるAlvar Aalto(アルヴァ・アアルト)が、妻のAino Aalto(アイノ・アアルト)らとともに、1935年に設立した会社、Artek(アルテック)。
北欧モダンを代表するフィンランドの家具ブランドです。

コンセプトは、Artek=Art(芸術)+Technology(技術)。
「Art」と「Technology」を融合することにより、モダン家具を追求するという、先進的な試みを行ってきました。
木材を近代的な素材として確立し、確かなフォルムと安定した品質で、大量に供給できるようにしたアルテックの技術は、現在も変わらずに引き継がれています。
また、必要な箇所だけ刻みを入れた部分的な成形合板化、マイクロ波とプレスチームによる木材加工など、その木材加工技術でも世界にその名を知られています。
ひとつひとつが正確で芸術的なアルテック技術の功績は、国内外で高く評価され、創業から70年以上経った今日においても世界中で多くの愛用者を獲得し続けています。

素材を活かした温かく柔らかなフォルム。北欧フィンランドから届くアルテックの家具は、人と木の温もりを感じる、オーガニックデザインです。

日本国内ではセンプレが15年前からいち早く、Artek(アルテック)社と販売契約を結んでいます。

スツールE60 イメージ / Artek (アルテック)

1933年に発表されたアルヴァ・アアルトの代表的作品である「スツール60」。当時アルヴァ・アアルト自身が設計したヴィープリ図書館で使用するために作られました。
座面と脚のシンプルな接合による無駄のない3本脚のフォルムは究極のスツールともいえます。
無垢の脚部は曲げる部分のみを差し込み成型された世界で唯一の製法を誇る技術であり、発売以来、今なお絶大な人気を誇る不朽のロングセラー作品です。

※上の写真が3本脚の「スツール60」。
※左の写真はその後発表された4本脚タイプの「スツールE60」。
※下の写真は「スツール60」が並ぶ当時のヴィープリ図書館の様子。

ヴィープリ図書館ヴィープリ図書館

デザイナー Alvar Aalto (アルヴァ・アアルト)

Alvar Aalto (アルヴァ・アアルト)

Alvar Aalto (アルヴァ・アアルト)

1898−1976年。
1898年フィンランド中西部のクオルタネにて生誕。
20世紀を代表するフィンランドの建築家で自然素材を近代建築へ巧妙に取り入れ、温もりのある作品で知られるモダニズム建築の巨匠です。
人の生活を中心に考えられた建築・家具・照明器具・ガラス器など自然なフォルムでどんな空間でも調和するデザインで幅広く活躍しました。
フィンランドの主要な木材で弾力が強く無垢のままでは成形しにくい白樺材を活用しようと、成形合板や引き曲げの技術を開発し、新しい技術革命を生み出しました。

フィンランドをこよなく愛し、素材を活かした温かなオーガニックデザインで近代的感覚を取り入れた作品を数多く残し、世界のミュージアムにおいて永久貯蔵品と認定されている作品も多数。

フィンランド産の木材を使用しています

無垢の木を曲げるアアルトレッグ / Artek (アルテック)

アアルトがデザインした家具の特徴は、木を曲げる独特の手法にあります。

脚部はアアルトレッグと呼ばれる、世界で唯一の製法で作られています。
無垢の脚の上部の、曲げ成型する部分に筋目を入れ、さらにラメラと呼ばれる薄い木片を挟み込み、ラミネート状にした物を加圧加工して曲げます。これはフィンランド伝統の「挽き曲げ」技法を応用したもの。強度があり、狂いが少なく、テーブルの脚など大型材にも適用できます。

Artek(アルテック)の家具に使われている木材はフィンランド産です。
同国で産出される木材は、松やモミ、白樺がほとんどで、当時、一般に家具材として使われるような堅牢な木はありませんでした。このため、アアルトは積層合板の成形と曲げ技法を開発することで、フィンランド産の木材を使いながらもクオリティの高い堅牢な家具を作り上げました。

無垢の木を曲げるアアルトレッグ

無垢の木を曲げるアアルトレッグ / Artek (アルテック)

真っ直ぐな無垢のバーチ材を5mm程の間隔で、上から20cm前後のところまででノコギリで挽いて隙間を作ります。
その後、櫛のようになった隙間に薄い板と接着剤を入れて型に入れ、加圧加工して曲げます。
そして、隙間に入れた板を平らに仕上げます。この断面がアアルトレッグの証です。

デザイン

シンプルで美しいデザイン / Artek (アルテック)


シンプルで美しいデザイン

上から見るとお分かりのように、円形の座面よりも脚が外側に出ており、そのフォルムはとても美しく、また安定感があります。
スツールとチェアの座面の厚みは30mm。この厚みが耐久性と美しいデザインを兼ね備えています。
また、スツール、チェア、テーブルそれぞれのレッグと座面は、ネジでしっかり固定され、横から見てもネジが見えず、すっきりと見せています。

時を経て深みのある色に / Artek (アルテック)


時を経て深みのある色に

右の上下2種類の「スツール60」、木肌の色を比べてみてください。
上のスツールは真新しいバーチ材の色。購入時はこのように明るいナチュラルな色です。
下のスツールはセンプレで展示しているスツール(非売品)です。かれこれ20年以上は経つでしょうか。このように長年使い込んでいくうちに木の色に深みが出て、とてもいい風合いになります。

【追記】 スツール及びチェアのレッド(座面リノリウム)は生産終了になりました。

シートのカラーバリエーション

シートのカラーバリエーション / Artek (アルテック)

ラミネート
プラスチックフィルムを貼り合わせて層にしたもので、汚れに強く、メンテナンスが簡単です。

リノリウム
リノリウムとは、亜麻仁油と木粉、コルク粉、石灰岩、松ヤニなどを混ぜて乾燥させ、シート状にした素材のことをいいます。耐久性もあり、メンテナンスも簡単です。

バーチ
木目そのものを活かし、バーチ材を貼って仕上げています。木目は一点一点異なります。使い込んでいくうちに深みが出てきます。

チェア図解 / Artek (アルテック)

Carry Away Series

Carry


片手で運べるアアルト・デザイン

アルテックの代名詞的アイテム、「スツール60」といえば、丸い座、シンプルなカーブを描く脚で北欧家具の入門編とも言える名デザイン。
ハイスツールや背付きの椅子、ベンチなども同じ流れで揃い、日本でも多くの家庭で愛用されています。

そのスツールとベンチに、箱入りの組み立て式キットが登場しました。買ったその日に簡単に持ち帰ることができるコンパクトなパックです。

脚部は無垢材。けれども座と接する曲面部になると、薄板を差し込んだ合板状に変化している不思議な脚、「アアルトレッグ」。パーツを眺めながら自分自身で組み立てることで名作家具にもっと愛着が湧く、それがこの「Carry Away Series」なのです。


Artek / アルテック スツール60 組み立て方法


Carry Away Series
スツール60

自分で組み立てる、組み立て式の箱入りパック、「Carry Away Series」。
買ったその日に簡単に持ち帰ることができ、プラスドライバー1本で組み立てが可能。自身で組み立てることで、自分の手で完成させる楽しみを味わえるとともに、名作のディテールをじっくりと見る好機になるかもしれません。

組み立ては簡単。座面を裏返して、あらかじめ開いてある穴に付属のビスで脚を留めるだけです。

Artek / アルテック チェア66 組み立て方法


Carry Away Series
チェア66

「チェア66」は、脚と合わせて背板を取り付けます。背板も同様、あらかじめ開いてある穴にビスで留めるだけの簡単手順です。

イメージフォト

イメージフォト / Artek (アルテック) チェア66
適度にたわみ、心地よく疲れにくい、幅の広い背もたれの支え。「チェア66」はダイニングチェアとしてはもちろん、デスク用のチェアとしても有効です。バーチ材の温かみのある色合いと、どこか愛嬌のあるフォルムが部屋の雰囲気を和ませてくれます。
イメージフォト / Artek (アルテック) ハイスツールK65
足元にフットレストが付いたキッチンやカウンターなどで使い易さを発揮する「ハイスツールK65」。ブラックやホワイトバージョンはモダンな空間にもシックに調和し、世界中のレストランやバーなどでもニーズが高い、ロングセラーのハイスツールです。
イメージフォト / Artek (アルテック) チェア69
「チェア69」はアアルト建築として有名なヴィープリ図書館に設置された機能美と耐久性が共存する名作。タイムレスで機能的な「チェア69」は、「チェア66」に比べて座面が少し大きいことからゆったりと座れ、フィンランドの家庭では定番ダイニングチェアとして長く愛用されています。
イメージフォト / Artek (アルテック) ドムスチェア
広い座面、絶妙に計算された背もたれ、程よい肘掛け、長時間の使用に耐えうる耐久性、イルマリ・タピオヴァーラデザインの「ドムスチェア」もまた、ダイニングシーンに適したチェアとして定評があり、フィンランドの公共施設やレストランで多く利用されています。
Artek (アルテック) メインページはコチラ

スツール60

スツール60 (Carry Away Series)

スツールE60

スツールE60 (Carry Away Series)

ハイスツール64 (Carry Away Series)

チェア66

チェア66 (Carry Away Series)

ハイチェアK65

ハイチェアK65 (Carry Away Series)

チェア69 (Carry Away Series)

ドムスチェア

マドモアゼルラウンジチェア

ロケットスツール

ルッキ

ピルッカ

チェア611

アームチェア406

パイミオチェア

キキ

※本日時点で生産終了アイテムが含まれている場合があります。


ラインナップ

Search


2000円クーポン 8/31迄
対象商品はコチラ

Furniture - 家具

News vol.007


WEB版はこちら
PDF版はこちら

Partners

アフィリエイトパートナー募集中。お申込みはこちら
アフィリエイトならリンクシェア

Mail Magazine

メルマガ登録はこちら

@

>>> 解除・変更はこちら