トップ
家具
インテリア
キッチン
バス・クリーン
雑貨
トップ  >  インテリア  >  クリスタル / ambientec  >  Xtal クリスタル
Xtal / クリスタル

Xtal クリスタル

詳細はこちら 詳細はこちら

Xtalはいままでで最もパーソナルなコードレステーブルランプです。コンパクトな灯りを実現するため全方向に光を放つダブルサイドLEDを独自に開発。更には滑らかな曲面のメタルリフレクター、ハンドメイドでカットされたソリッドガラスや、明るさをコントロールできる3段階の調光制御によって、幻想的な煌めきと放射状に広がる灯りを 生みだします。引き込まれるような魅力に満ち、それでいて主張し過ぎることのない佇まい。
点灯時間:LOW 24時間 → MID 12時間 → HIGH 6時間
充電:USB充電(充電時間:3時間)※ACアダプターは付属しておりません。
付属品:充電用USBケーブル、専用充電台。
防水機能付き。

商品詳細

商品コード296007
ポイント900 P
送料区分通常商品(合計5,000円以上送料無料)
サイズφ80×H82mm 重量:620g
素材シェード:ソリッドガラス リフレクターベース:アルミ
納期1週間前後

 

¥19,440(税込)
注文数

ラインナップ

ストーリー
閉じる...

日常へのアクセントとしての光 SEMPRE STAFF レビュー

光を求めるときというのはどういうときだろうか?そんなことをこのXtalを見ながら考えた。「充電式のLEDライト」と、言ってしまえばいくらでもあるような簡単なライトのように思えるが、見た目はちょうどロックグラスのようで持つとずしりと思い。光自体は柔らかいが、幾何学的なガラスの影が放射状に広がりあたりを照らす。明るさはちょうどロウソクくらいだろうか?これを使って何をしようかという明かりではないことは確かだ。

電気のなかった昔ならいざしらず、この光あふれる現代でこの弱々しい光を求めるということの意味はすぐには思いつかなかったが、日常のちょっとしたアクセントとしてこの明かりが部屋の中にあったら果たしてどんな感じだろうと、そんなちょっとした興味で家に置いてみた。

食卓のテーブルに置いてみるとちょっと意外なことに気づいた。このXtal自体の形がオブジェとしてしっかりとしているため、光っていれば回りが少々明るくてもちゃんと存在感がある。言い換えればそこまで部屋の明かりを落とさなくても別にかまわない。なるほど、だからこそのこのデザインとこの明るさなのかと思った。

食卓の中にあるXtalは柔らかくもしっかりとしたアクセントとなり、かつ暗くて料理の色がわかりづらいということもない。ちょうどグラスくらいのサイズなので食事の邪魔にもならずなかなかいい具合だ。料理とワインと、その隅に華やかな明かりがある。それだけでちょっとワンランク上のディナーになった気がする。

ある程度食べ終わったので今度は部屋の明かりを落としてみる。今までおとなしく脇役に徹していたXtalは、今度はみるみる主役となり周りを照らしはじめると、大した装飾のない部屋がちょっとしたバーのようの雰囲気になり、食後の心地よい満腹感を優しく包んでくれる。抜栓から時間が経って馴染んできたワインと柔らかな明かりがよく合い、ついいつもより飲みすぎてしまった。

キャンドルなどと違い後始末を考えなくてもいいし、熱くてやけどすることもない。充電式なので別にテーブルの上でなくても例えば本棚の空いたスペースなどにも置ける。日ごとに場所を変えてみて楽しんでみるのもいいと思う。きっと思わぬ発見があるに違いない。

こうしてみると、単純なようでいてなかなか奥が深いライトだ。

クリスタル / Xtal

クリスタル

クリスタル
ambientec

¥ 19,440

ラインナップを見る

接地したテーブルに広がる光が幻想的

Xtalはいままでで最もパーソナルなコードレステーブルランプです。コンパクトな灯りを実現するため全方向に光を放つダブルサイドLEDを独自に開発。更には滑らかな曲面のメタルリフレクター、ハンドメイドでカットされたソリッドガラスや、明るさをコントロールできる3段階の調光制御によって、幻想的な煌めきと放射状に広がる灯りを 生みだします。引き込まれるような魅力に満ち、それでいて主張し過ぎることのない佇まい。