トップ
トップ  >  インテリア  >  フラワーベース  >  フラワーベース / Ro Collection  >  ハリケーンティーライト no.25 / クリア
ハリケーンティーライト no.25 / クリア (Ro collection / ロー・コレクション)
  • ハリケーンティーライト no.25 / クリア (Ro collection / ロー・コレクション)
W

ハリケーンティーライト no.25 / クリア
Ro Collection

ティーライトキャンドルまたはピラーキャンドルを入れてお部屋に置けば、とても居心地のよい空間に。ドライフラワーや生花を入れて、フラワーベースとしてもご使用頂けます。また、ポプリ入れ、ペン立てなどにもお勧めです。
・吹きガラスの手法で一つ一つハンドメイドで作られているため、小さな気泡がある入ることもあります。

詳細はこちら

ティーライトキャンドルまたはピラーキャンドルを入れてお部屋に置けば、とても居心地のよい空間に。ドライフラワーや生花を入れて、フラワーベースとしてもご使用頂けます。また、ポプリ入れ、ペン立てなどにもお勧めです。
・吹きガラスの手法で一つ一つハンドメイドで作られているため、小さな気泡がある入ることもあります。

商品詳細
商品コード060015
ポイント195 P
送料区分 送料区分0(通常)(合計5,000円以上送料無料)
サイズ約φ90×H100mm
素材ガラス
製造国Poland
デザイナーレベッカ ウー
納期1週間前後
 
4,212(税込)
注文数

ラインナップ

ストーリー
閉じる...

伝統的なクラフトマンの技が光るフラワーベース

rocollection

クリアなガラスに色ガラスが溶け合い、透明から深く色濃くなる美しいグラデーション。Ro Collectionのフラワーベースは、「自然」と「作品」が美しく溶け込み、空間をスタイリッシュに仕上げてくれるガラス製のフラワーベースです。まるでオブジェのような佇まい。2013年に、デンマーク人のデザイナー ニナ・エリクセンによってデザインされ、誕生しました。 ハンドメイドであるため、色の出方や透明度、気泡の入り方などに個体差がありますが、それがひとつひとつの独特な表情となります。世界でたったひとつの、大切にしたいと思わせてくれる美しい器です。

ディテール

rocollection
rocollection

底がしっかり厚く、大きな花材を活けても倒れない安定感のあるフォルムです。持ってみると結構どっしりとしています。底面に近づくにつれだんだんと色濃くなり内部が見えにくくなっているため、剣山や花留めなど花を固定する仕掛けが目立ちづらいのも魅力のひとつ。見た目の美しさだけでなく、実用性まで兼ね備えているフラワーベース。使用するうちにどんどん魅力を発見できそうです。

ユーザーには嬉しい、豊富なバリエーション

rocollection
rocollection

Ro Collectionのフラワーベースは高さ12cmから40cmまでの幅広いサイズ・カラー展開。なので活ける花の選択肢も、小さいブーケ、大きなブーケ、茎や枝の長いものまでと幅が広がります。 種類がたくさんあるので、サイズや形状違いで並べて置いたり、色違いでお部屋に飾るのもオススメです。
また、美しいフォルムは花を生けていない時も、ガラスオブジェとしてインテリアで活躍してくれます。

センプレはこちらのカラーとサイズをご用意しております

rocollection

•フワラーベース no.2(左)
 カラー:インディゴブルー・バーントシェンナ
•フワラーベース no.3(右)
 カラー:インディゴブルー

rocollection

•フワラーベース no.23(左)
 カラー:インディゴブルー
•フワラーベース no.24(右)
 カラー:インディゴブルー

rocollection

•ハリケーンティーライト no.25(左)
 カラー:クリア
•ハリケーン no.26(右)
 カラー:クリア

閲覧履歴

閲覧履歴一覧はこちら ►

ブランド
閉じる...

Ro Collection

クリエイティブディレクターであり、自身がデザイナーでもあるレベッカ・ウ―により設立。私たちの住む、せわしなく絶えず変化する世界とは対照的な存在です。北欧デンマークにて、プロフェッショナルで魅力的なアート、技術、デザイン、そして材料を用い、ユニークなアイテムを生み出しています。

フラワーベース / Flower Vase

フラワーベース
W

フラワーベース
Ro Collection

¥ 4,212 〜 ¥ 43,956

ラインナップを見る

ガラスが溶け合った魅力的な形

安定感のあるRoのフラワーベースは、下部に行くにつれ段々と色がついていき、花瓶の中の水を見えにくくすると共に、茎がガラスの色に徐々に溶け込んでいくように見えるデザインになっています。それはまるで、「自然」と「作品」が美しく機能的に溶け込んでいる様子を表しているようです。