トップ
トップ  >  キッチン  >  食器  >  藍九谷 / 東屋  >  藍九谷プチ印手 小皿 アンチョビ
藍九谷プチ印手 小皿 アンチョビ
  • 藍九谷プチ印手 小皿 アンチョビ

藍九谷プチ印手 小皿 アンチョビ
東屋

白く滑らかな磁器の小皿に浮かんだ、愛嬌あふれる絵柄。アンティークのゴムスタンプのような図柄はどれもアイコニックで愛らしい。江戸時代から名を馳せる磁器の名産地・九谷焼の窯で作られた小皿は、花坂陶石という、石川県小松市で採れる国産の石を原料に使用。皿の形状は、同じ九谷産の古い五寸皿を手本にしました。
・サイズなど個体差があります。
・電子レンジ/食器洗浄機使用可能

詳細はこちら

白く滑らかな磁器の小皿に浮かんだ、愛嬌あふれる絵柄。アンティークのゴムスタンプのような図柄はどれもアイコニックで愛らしい。江戸時代から名を馳せる磁器の名産地・九谷焼の窯で作られた小皿は、花坂陶石という、石川県小松市で採れる国産の石を原料に使用。皿の形状は、同じ九谷産の古い五寸皿を手本にしました。
・サイズなど個体差があります。
・電子レンジ/食器洗浄機使用可能

商品詳細
商品コード142125
送料区分 送料区分0(通常)(合計5,000円以上送料無料)
サイズ約φ105×H20mm(手焼きのため個体差あり) 重量:約80g
素材花坂陶石、呉須、石灰釉 
製造国Japan
納期1週間前後
 
10%OFFセール (〜7/15)
¥1,836¥1,652(税込)
注文数

ラインナップ

ストーリー
閉じる...

10種の愛らしい“プチ”皿たち

日本製?外国製?一瞬どちらだろうと考えてしまうような、けれどとにかく、とびきりにかわいい豆皿が東屋から届きました。滑らかな白の磁器にちょこんと佇む10種の絵柄。東屋の丁寧な美しさは変わりませんが、豆皿から醸し出される「大人なお茶目」の雰囲気に、心がくすぐられて止みません。時間を忘れてどれを選ぶか悩んでしまうほど、じわじわとその不思議な魅力に引き込まれてしまいます。

和洋折衷な雰囲気のワケ

石川県小松市の花坂陶石を原料に、古い九谷焼を手本にして作られた豆皿たち。紛れもなく日本製なのですが、漂う「洋」の秘密は中央の絵柄にありました。なんとこれは、フランスの蚤の市で売られていたアンティークのゴムスタンプを元にしたもの。それを石膏型に起こして焼成前の皿に捺し、くぼんだ溝に呉須(青い顔料)を流し入れ、釉薬をかけて焼き上げた「印手(印を捺した絵柄)」なのです。
さらに裏には、高台を囲む繊細なろくろ線と小さく捺された東屋のロゴマークが!手に持った者だけが知ることのできる心憎い施し。見えないところにまで手間をかけているからこそ、「かわいい」だけで完結しない上品な豆皿が誕生するのだと感じます。

暮らしの中に寄り添うような佇まい

なにかと使い勝手の良いサイズ感なので、おつまみ、フルーツやデザート、薬味の小皿など様々な食事シーンで活躍してくれます。中央に向かって緩やかに深くなっている形状なので、醤油などすこし汁気のあるものを入れても大丈夫。気がつけばこの豆皿に手が伸び、食卓で顔を出して待ってくれているような、そんな感覚にさせてくれます。毎日愛用したいと思える理由が、ギュッと詰まっているのです。

 

かわいくも少しシュールな絵柄

目を凝らして見ないと認識できないほどの「小さな女の子」や、おめでたい席で使いたい「大当たり!」。それぞれに付いたユニークな名前は、人の集まるテーブルでも話題になること間違いなしです。家庭での銘々皿として絵柄違いで揃えるのも◎。見れば見るほど愛着も湧き、大人も子どももつい笑顔にさせてしまう盛り上げ上手な食器。ぜひみなさまも、お気に入りを見つけてみてくださいね。
 

マラソン

大当たり

サクランボ

ブドウ

イチゴ

アンチョビ

風車

テディ

小さな女の子

木馬

閲覧履歴

閲覧履歴一覧はこちら ►

ブランド
閉じる...

東屋

伝統的な和の記号や文様をその柄にした、新しい皿や箸置きです。熟練の職人芸が光るデザインに魅了されます。

藍九谷 / aikutani

藍九谷

藍九谷
東屋

10%OFFセール (〜7/15)
¥ 1,652

ラインナップを見る

中央の絵柄が愛おしい、和洋折衷な豆皿

伝統的な九谷焼を手本に焼き上げられた、滑らかな白い磁器。そしてその中央に捺された、アンティークのゴムスタンプを元にした藍色の絵柄。和洋どちらの雰囲気も漂う、とにかくかわいい東屋の豆皿です。ついどれを選ぶか悩んでしまうラインナップに、大人も子どもも自然と笑顔がこぼれてしまいます。