トップ
商品一覧へ
3,000円OFFクーポン配布中
トップ  >  インテリア  >  寝具・ベッドリネン  >  ウールブランケット / KLIPPAN  >  ミニ ウールブランケット 65×90cm / choucho ブラック

ミニ ウールブランケット 65×90cm / choucho ブラック
KLIPPAN

クリッパン(KLIPPAN)×ミナペルホネンのコラボレーションブランケットの定番デザインCHOUCHO。ギフト人気のミニサイズから、2020年はブラックが新登場。オフィスのひざかけにおすすめです。
ラムウールとは生後6〜7ヶ月の子羊から初めて刈り取った羊毛です。大人の羊よりも繊維が細くて柔らかく、肌触りも優しく、クリンプ(巻き毛)が多いので、空気をたっぷり含んで温かいのが特徴。クリッパン(KLIPPAN)のラムウールは全てニュージーランドの羊を使用しています。ニュージーランドの羊の生育に最適な地形・環境・気候で、のびのびと育った羊からとれるラムウールは厚みがあり、白さが際立っています。エコウールは、殺虫剤不使用、ケミカルや遺伝子組み換えを含まない牧草で健康的に育てられた羊毛です。羊の生育に優しいだけではなく、生産者の健康にも配慮しています。
【センプレは KLIPPAN の国内正規取扱店です】

詳細はこちら

クリッパン(KLIPPAN)×ミナペルホネンのコラボレーションブランケットの定番デザインCHOUCHO。ギフト人気のミニサイズから、2020年はブラックが新登場。オフィスのひざかけにおすすめです。
ラムウールとは生後6〜7ヶ月の子羊から初めて刈り取った羊毛です。大人の羊よりも繊維が細くて柔らかく、肌触りも優しく、クリンプ(巻き毛)が多いので、空気をたっぷり含んで温かいのが特徴。クリッパン(KLIPPAN)のラムウールは全てニュージーランドの羊を使用しています。ニュージーランドの羊の生育に最適な地形・環境・気候で、のびのびと育った羊からとれるラムウールは厚みがあり、白さが際立っています。エコウールは、殺虫剤不使用、ケミカルや遺伝子組み換えを含まない牧草で健康的に育てられた羊毛です。羊の生育に優しいだけではなく、生産者の健康にも配慮しています。
【センプレは KLIPPAN の国内正規取扱店です】

商品詳細
商品コード180826
ポイント550 ポイント
送料区分 送料無料
サイズ約650×900mm (表示サイズの±5%程度) 重量:350g
素材ウール100%(エコラムウール)
製造国Latvia
デザイナー皆川 明
納期1週間前後(残り 3)
ラッピング可(有料)詳細はこちら
 
残り 3
12,100(税込)
会員登録で550 ポイント還元
注文数
残り 3

商品一覧

ストーリー
閉じる...

伝統と信頼、こだわりの品質管理 / KLIPPAN

スウェーデンでは知らない人がいないといわれるほどのクリッパンは、130 年以上の歴史を持つテキスタイルブランドです。その人気の秘密は紡績から製品作りまでを自社工場で行い、一貫した品質管理のもとに作り出される質の高い製品たちにあります。特にブランケットは羊毛選びからこだわり、その伝統や知識、知恵を生かしたものづくりが行われています。また、リサ・ラーソンやミナペルホネンの皆川明など人気デザイナーとコラボし、個性的でハイセンスなデザインを多く生み出しているのも特徴。伝統的なモチーフやモダン柄、動物や自然をあしらった愛らしいパターンなど北欧らしい美しいデザインが魅力的な製品たちは、世界中の人々から愛されています。

ご存知でしたか?「ブランケット」と「スローケット」の違い

「ブランケット」と「スローケット」。同じような大きさで見た目にも大差ないけれど、2つの違いはいったいなんなのでしょう。それはズバリ「厚みの違い」。ブランケットは目がぎっしりと詰まったジャガード織。ウールの糸と糸の間に空気の層がしっかり入り込んで熱を逃がさない構造です。対してスローケットはドビー織機を使って、空気をふくませながらゆったりと織られているのです。そのため、毛布のようなモコモコとした感じが少なく、ソファで膝にかけたり、外出先でちょっと寒い時に肩から羽織ったり、首元に巻いたりと用途の幅が広がります。防寒性能を重視するならば「ブランケット」、動きやすさやファッション性を重視するならば「スローケット」といった使い分けができますね。

ブランケット

スローケット

ブランケット・サイズバリエーション


左:ハーフサイズ モデル身長155cm / 右:シングルサイズ モデル身長175cm

クリッパンのブランケットは、しっかり厚手。表面と裏面の間にもう1 つ層のある、三重構造です。サイズは3 タイプで、一般的なブランケットサイズのシングル(130×180cm)、シングルの半分の大きさのハーフ(90×130cm)、そしてまたその半分のミニ(65×90cm)があります。場所や使い方で、お好きなタイプをどうぞ。

 

シングルサイズ / 130×180cm
ブランケットの中では一番大きいシングルサイズ。寝装品としての使用はもちろんですが、リビングで使うのもアイデア。大判なので全身すっぽりとくるまれますし、ソファの座面ににかけてその上に座れば、とてもあたたかです。みなさんはブランケット(毛布)と布団をどの順番でかけて寝ますか。肌触りが気持ちよい毛布を掛けた方があたたかい、と思っている方が多いかもしれませんが、実は羽毛布団の上に掛けて使うと熱を逃さず、とってもあたたかいんです。さらにシーツの上にもブランケットを敷くと効果適面。この冬、ぜひ試してみてください。

ハーフサイズ / 90×130cm
シングルサイズのちょうど半分の大きさが、このハーフサイズ。ソファでくつろいでいる時に、ちょっと肌寒く感じる時に、大きすぎず小さすぎない ハーフサイズは、とても使い勝手がいいかもしれません。家の中で暖房をつけていても、なかなか足元まであたたまらない、そんな経験はありませんか。足さえあたたかくなれば、寒いと感じることが少ないようです。そんな時は足元をハーフサイズのブランケットであたためましょう。ご家族でリビング使いに何枚か用意しておくのもいいですね。また、キッズのおやすみ用としても、ちょうどいいサイズです。

ミニサイズ / 65×90cm
公園でのピクニック、車の中やスポーツ観戦など、アウトドアにもお勧めしたいのがミニサイズ。ミニといっても長辺が90cmあるので、肩にかけても十分な大きさがあるのです。ベビーカーの赤ちゃんには二つ折りにして、室内外の気温差がある秋冬などの外出時に1 枚あると安心。ダイニングやオフィスでのひざ掛けにも、ちょうどいいサイズです。我が家では子どもたちの部屋に1枚ずつ、宿題をする時にイスの上に敷いたり、たたんでクッション代わりに使ったり、お昼寝の枕代わりに、とさまざまな使い方をしています。小さな子どもが自分でたためる、コンパクトサイズが魅力です。

コラボレーション

KLIPPANはそのテキスタイルも人気の理由のひとつ。ベングト・リンドベリは妻のロッタ・グラーベと共にユニットを組み、BENGT&LOTTAとしてデザイン活動しています。魅力は、洗練された愛らしさ。ムースやヒツジなどの動物をモチーフにデザインを1990年代初頭に手掛け、今でも子供から大人まで、多くの人たちに愛されるロングセラーになっています。

「ミナペルホネン」の皆川明さんとのコラボレーションシリーズは、毎年すぐに完売してしまうほど。見逃せないアイテムのひとつです。皆川さんが冬の寒い北欧を訪れたとき目にした情景をイメージしたものだそうですが、まるで絵本の1ページをめくったようなストーリーを感じます。

お手入れ方法

化学繊維ではない100%天然のウールを使用しているからこそ、摩擦で使い始めは毛玉、遊び毛がでます。普段のお手入れ、季節の終わりにしまう時のお手入れにより、本来の品質を保つことができますので、ぜひ下記の3つのお手入れを行い、長くご愛用ください。

(1)使用後:日陰干しをして通気性を良くしてください。ホコリや多少の汚れは、パタパタとはらってください。
(2)汚れ:汚れがついた箇所を湿らせたタオルでやさしく押したたき、その後、通気性の良いところで陰干しし、十分に乾燥してください。
(3)毛玉や毛並み:KLIPPANのウールコームで少し寝てしまった毛、ほこり、毛玉をていねいにとかしてあげることで、毛並みがよみがえり長くきれいに使えます。

多少手間がかかるからこそ、愛おしく一生ものに思えてきます。毎年、大切に使いたくなりますね。

洗濯表示ラベルについて

2021年10月より、すべてのKLIPPANウール商品に関するお手入れ方法を「手洗不可」に変更いたします。そのわけは、「水洗いは縮みや色落ち、フワフワ感と外観の劣化」の原因となるからです。 羊の毛を覆っているウロコ状のスケールが、水を含むと立ち上がり、手でもみ洗いすると、スケールが絡み合い、目が詰まりフェルト状になります。また、水洗いによりウール表面をコーティングしているラノリンも落ち、ウール本来の機能が落ちてしまいます。ウール商品は、ラノリンにより汗や汚れをはじき、ウール本来のふんわり滑らかな肌触りを保っています。


※ ウール本来の素材感や機能を長く保てるように、洗濯(ドライ)回数をできるだけ少なくすることをお勧めしています。そうすることで、水やケミカル洗剤の使用量も少なく済みます。
※ 一部の商品で、洗濯表示が変更されていない場合がございますが、上記と同様のお手入れをしていただけますようお願いいたします。


閲覧履歴

閲覧履歴一覧はこちら ►

ブランド
閉じる...

KLIPPAN

2019年に創業140周年を迎えるスウェーデンのテキスタイルメーカー、KLIPPAN(クリッパン)。創業以来、長きに渡り、紡績・染色・織り・製造までのすべてを自社工場で行い、一貫した品質管理で、絶対的に高品質な製品を作り続けています。

安心で安全、素材へのこだわり

KLIPPANのウール製品は、あたたかなラムウール素材。ウールは繊維のクリンプ(縮れ)がたくさん空気を含んでいるため、熱伝導率がとても低いのが特徴です。そのため冬は冷たい外気をシャットアウトし、夏は暑い外気の影響を受けにくくなっています。また撥水性も高く、汚れがつきにくいのも特徴。吸湿性、通気性もよく湿度30%まではウールが吸湿してくれるので、嫌なニオイも残らず日本の気候にも向いています。ウールは秋冬、というイメージがありますが、実は暑さや高湿度にも適しているため、登山ウエアなどのアウトドア用品にも多く使われているのです。

KLIPPANのウール製品に使われる羊毛は、なんとすべて会長のヨスタ・マグヌッソンによって選び抜かれています。良い羊毛を選定する確かな目は、代々受け継がれてきたからこそ培われたものなのでしょう。KLIPPAN製品はEU基準ISO9001、ISO14001を満たした自社工場で生産を行っています。厳しい環境基準に基づいた工場で生産されている証しですね。また、2009年にはベビー用のブランケットをすべてエコウールに切り替え、ストールもエコウールを使用しています。有害物質を含まないので、小さいお子様から大人にも、安心して使えるのは何よりも嬉しいですね。赤ちゃんへの贈り物にしても喜ばれそうです。

製品ができ上がるまで

スウェーデンとバルト海を挟んで向いの、ラトビアの首都リガ。ここにKLIPPANの自社工場があります。創業以来、紡績・染色・織り・製造までのすべてを自社工場で行い、一貫した品質管理で、絶対的に高品質な製品を作り続けています。約50もの工程を経て1枚のブランケットはできあがります。KLPPANのその独特なふんわりと柔らかな手触りは、製造工程の最後の仕上げのブラッシングによるもの。経験豊かな職人たちがクリッパンならではの極上なウールブランケットに仕上げているのです。贅沢なその1枚、きっと一生もののブランケットになるでしょう。

厳選された羊毛。写真はニュージーランド産ラムウール。しっかりとした太さがあり、さらに柔らかい。耐久性に優れています。

自社で必要な量だけを染色。熟練したインクマイスターが日々、色のレシピを生み出しています。

機械でブランケットを織り上げていきます。工場内には常に織機の音が響いています。後にブラッシング作業。機械には常に人が付きっきりで作業します。ここでブランケットの柔らかさが生まれるのです。

端のロックミシン。すべて手作業で行われます。品質チェックをしながらカットしていくその目は皆、真剣。

ほつれや汚れ、表面に異常はないか一枚一枚しっかり調べます。自分たちの製品に愛情をこめて送り出す作業です。

ウールブランケット / Wool Blanket

ウールブランケット

ウールブランケット
KLIPPAN / クリッパン

¥ 12,100 〜 ¥ 35,200

商品一覧を見る

くつろぐ時間にウールブランケットがそこにある幸せ

KLIPPANのウールブランケットは、目がぎっしりつまったジャガード織り。表面と裏面の間にもう一つ層がある3重構造です。ウールと糸と糸の間に、空気の層がしっかり入り込んで、熱を逃さない構造なのです。