トップ
トップ  >  インテリア  >  フラワーベース  >  フラワーベース / SEMPRE EST  >  【アウトレット】 フラワーベース double belly vase (30% OFF)
【アウトレット】 フラワーベース (double belly vase)
W

【アウトレット】 フラワーベース double belly vase (30% OFF)
SEMPRE EST

フィリピンのデザイナーが作った紙のフラワーベースです。紙の束の一方を糊付けし、他方を360度に広げることで形作られる花器。「今まで見たことが無かった」新鮮さが感じられます。
お花を活ける部分は取り外し可能なアルミの筒になっています。また着色部分は、クラフト紙の外側のみとなっております。

詳細はこちら

フィリピンのデザイナーが作った紙のフラワーベースです。紙の束の一方を糊付けし、他方を360度に広げることで形作られる花器。「今まで見たことが無かった」新鮮さが感じられます。
お花を活ける部分は取り外し可能なアルミの筒になっています。また着色部分は、クラフト紙の外側のみとなっております。

商品詳細
商品コード714013
ポイント168 P
送料区分 送料区分0(通常)(合計5,000円以上送料無料)
サイズ約φ170×H255mm
素材クラフト紙、アルミ
製造国Philippines
デザイナーRonnie Pasola
納期一部商品入荷待ち(在庫限りで終了)
カラーを選択
¥5,1843,628(税込)30%OFF
注文数
在庫限りで終了

ラインナップ

ストーリー
閉じる...

EST ペーパーフラワーベース 看板

SEMPRE EST シリーズ

SEMPRE EST

SEMPRE EST

オリエンタルなデザイン、素材を中心に、SEMPRE EST(エスト)としてアイテムを厳選しました。さりげない存在感と空気感を醸し出す、温もりのある自然の素材をリビングやダイニングに。空間の質をも高める東からの風をご紹介します。

SEMPRE EST はこちらも >>

ブックデザイナーによって生み出されたペーパーフラワーベース

EST フラワーベース (4balls vase)

フラワーベースと製本の技術が出会うとは、誰も予測していませんでした。フィリピンのブックデザイナーRonnie Pasolaによって生み出された、紙で出来たフラワーベース。
長年ブックデザインを手掛けてきたデザイナーが製本の技術に着目し、紙の束の一方を糊付けし、他方を360度に広げることで形づくられた花器。シンプルなフォルムに紙のラインがモダンさをプラスするアーティスティックな作品です。
かたちはどれをとっても、非常に個性的。斬新で洗練されたデザインです。
また、“bottlecoke(ボトルコーク)”や、“trumpet(トランペット)”、“tulip(チューリップ)”など商品の特徴をとらえたネーミングもユニーク。たとえ花を生けなくても、飾るだけでお部屋のアクセントになります。
エントランスに、リビングに、空間をシックに、そして印象的に演出します。

フラワーベースの素材は紙

フラワーベース (A02VS02)

素材は軽くてボリュームのあるクラフト紙。束の一方を糊付けしてクルリと360度に広げることで生まれた、立体アートのフラワーベースです。
右のアイテムは素材にニュースペーパー紙を使用しています。束を手に広げてみると、記事や写真が表れます。そのニュースペーパー紙を何重にも重ねて立てたときの、複雑に混ざり合った色のニュアンスが新鮮です。
ひとつひとつが丁寧につくられた、他にはない、「今まで見たことが無かった」フラワーベースなのです。
※使用している紙素材は個々のアイテムによって異なります。ニュースペーパー紙は一例で、無地の紙を使用しているものもあります。

フラワーベース内部

フラワーベース (Melon vase)

フラワーベースの中には、花を生けるためのアルミの筒が入っています。筒は取り外し可能なので、水の入れ替えやお手入れも簡単。見た目だけでなく、実用性も備わっています。


ブランド
閉じる...

SEMPRE EST

オリエンタルなデザイン、素材を中心に、SEMPRE EST(エスト)としてアイテムを厳選しました。さりげない存在感と空気感を醸し出す、温もりのある自然の素材をリビングやダイニングに。空間の質をも高める東からの風をご紹介します。

フラワーベース / Flower Vase

フラワーベース
W

フラワーベース
SEMPRE EST

¥ 2,160 〜 ¥ 5,940

ラインナップを見る

ブックから生まれた斬新なフラワーベース

フラワーベースと製本の技術が出会うとは、誰も予測していませんでした。フィリピンのブックデザイナーRonnie Pasolaによって生み出された、紙で出来たフラワーベース。長年ブックデザインを手掛けてきたデザイナーが製本の技術に着目し、紙の束の一方を糊付けし、他方を360度に広げることで形づくられた花器。シンプルなフォルムに紙のラインがモダンさをプラスするアーティスティックな作品です。