トップ
商品情報へ
トップ  >  インテリア  >  照明(ペンダント)  >  A330S ペンダント ゴールデンベル / Artek  >  A330S ペンダントライト ゴールデンベル Goldenbell / ホワイト
W

A330S ペンダントライト ゴールデンベル Goldenbell / ホワイト
Artek

「ゴールデンベル」という愛称で親しまれる。その姿は灯りがともっていてもいなくても、 まるで彫刻のように美しい佇まいをしています。 接合を施さない一つの真鍮により形作られるは、下に向かった開口部から光が放たれることにより眩しさを抑え、シェードに刻まれた穴から光が輪のように分散されるよう機能的にデザインされています。 1936年に考案され、翌年、パリ万博のフィンランドパビリオンで発表されたは、ヘルシンキにあるサヴォイレストランの内装に現在でも使われています。機能的な構造から放たれる温かく柔らかな光とフォルムの美しさは、まさにアルヴァ・アアルトの哲学を体現した姿といえます。コード:ホワイトコード
【1937年デザイン】
※取り寄せ商品のため、ご注文後のキャンセルはご遠慮ください。
※お支払いは、銀行振込、カード払いのみとなります。


詳細はこちら

「ゴールデンベル」という愛称で親しまれる。その姿は灯りがともっていてもいなくても、 まるで彫刻のように美しい佇まいをしています。 接合を施さない一つの真鍮により形作られるは、下に向かった開口部から光が放たれることにより眩しさを抑え、シェードに刻まれた穴から光が輪のように分散されるよう機能的にデザインされています。 1936年に考案され、翌年、パリ万博のフィンランドパビリオンで発表されたは、ヘルシンキにあるサヴォイレストランの内装に現在でも使われています。機能的な構造から放たれる温かく柔らかな光とフォルムの美しさは、まさにアルヴァ・アアルトの哲学を体現した姿といえます。コード:ホワイトコード
【1937年デザイン】
※取り寄せ商品のため、ご注文後のキャンセルはご遠慮ください。
※お支払いは、銀行振込、カード払いのみとなります。

商品詳細
商品コード115075
ポイント2,600 ポイント
送料区分 送料無料
サイズφ170×H200mm 全長:1000mm(シェード含む)
素材本体:スチール(ホワイト塗装仕上) 内面:ホワイト塗装仕上 E26 LED電球 40Wタイプ (付属) ※E26 一般電球 40Wまで使用可
製造国China
デザイナーAlvar Aalto (アルヴァ アアルト)
納期2~3週間(メーカー取り寄せ)
ラッピング不可
補足事項受注商品の為、ご注文後のキャンセルはご遠慮ください
 
在庫状況    ー
57,200(税込)
会員登録で2,600 ポイント還元
注文数

デザイナー
閉じる...

Alvar Aalto (アルヴァ アアルト)

Alvar Aalto (アルヴァ・アアルト)

1898~1976年。
1898年フィンランド中西部のクオルタネにて生誕。
20世紀を代表するフィンランドの建築家で自然素材を近代建築へ巧妙に取り入れ、温もりのある作品で知られるモダニズム建築の巨匠です。
人の生活を中心に考えられた建築・家具・照明器具・ガラス器など自然なフォルムでどんな空間でも調和するデザインで幅広く活躍しました。
フィンランドの主要な木材で弾力が強く無垢のままでは成形しにくい白樺材を活用しようと、成形合板や引き曲げの技術を開発し、新しい技術革命を生み出しました。

フィンランドをこよなく愛し、素材を活かした温かなオーガニックデザインで近代的感覚を取り入れた作品を数多く残し、世界のミュージアムにおいて永久貯蔵品と認定されている作品も多数。

ブランド
閉じる...

Artek

北欧のファニチャーブランド・アルテック。フィンランドの建築家、アルヴァ・アアルトが手掛けたデザインはシックでモダン。そのどの時代にも通じる廃れることのない完成された造形美で、北欧を代表するブランドとして愛され続けています。

A330S ペンダント ゴールデンベル / A330S Pendant Goldenbell

A330S ペンダント ゴールデンベル
W

A330S ペンダント ゴールデンベル
Artek / アルテック

¥ 3,850 〜 ¥ 62,700

ヘルシンキのサボイレストランの為にデザインされたゴールデンベル

1937年、この照明はヘルシンキのサボイレストランの為にデザインされました。アルトらしいオーガニックなフォルムは一枚の真鍮から造られています。シェードの下部にそって開けられた穴からは明かりが光の輪となって放たれます。
【1937年デザイン】

※取り寄せ商品のため、ご注文後のキャンセルはご遠慮ください。

閲覧履歴

閲覧履歴一覧はこちら ►