トップ
キャッシュレス5%還元
トップ  >  家具  >  ガーデン・プランター  >  リーヒティエプラントポット / artek  >  リーヒティエ プラントポットS / TypeA
リーヒティエ プラントポットS / TypeA (Artek / アルテック)
ホワイト
ホワイト
ブルー
ブルー
ダークブラウン
ダークブラウン
ライトグレー
ライトグレー
  • リーヒティエ プラントポットS / TypeA (Artek / アルテック)
  • ホワイト
  • ブルー
  • ダークブラウン
  • ライトグレー
W

リーヒティエ プラントポットS / TypeA
artek

ヘルシンキ、リーヒティエ通りにあるアアルト自邸のテラスには植木鉢が2つ置かれています。これは自然や自然素材に対して親しみを持っていたアイノ・アアルトが自邸のためにデザインしたものです。この植木鉢は、1937年のパリ万博で展示され注目を集めたものの、当時は製品化にまで至りませんでした。リーヒティエプラントポットは、アアルトの主な建築に用いられているタイルから着想を得た素材を選び、ひとつひとつ人の手によって作られています。その清々しいカラーは、フィンランドのムーラッツァロにあるアアルトの夏の家、「実験住宅」で使用されているセラミック製のタイルの色がもとになっています。【1937年デザイン】
【ご購入前に確認をお願いします】
・ホワイトのプラントポットには黒い汚れのようなものがある場合がございます。他カラーのプラントポットには一部塗装が薄い箇所や、小さなくぼみのある場合がございます。 これは製造工程上避けられないため、良品となりますこと予めご了承ください。

詳細はこちら

ヘルシンキ、リーヒティエ通りにあるアアルト自邸のテラスには植木鉢が2つ置かれています。これは自然や自然素材に対して親しみを持っていたアイノ・アアルトが自邸のためにデザインしたものです。この植木鉢は、1937年のパリ万博で展示され注目を集めたものの、当時は製品化にまで至りませんでした。リーヒティエプラントポットは、アアルトの主な建築に用いられているタイルから着想を得た素材を選び、ひとつひとつ人の手によって作られています。その清々しいカラーは、フィンランドのムーラッツァロにあるアアルトの夏の家、「実験住宅」で使用されているセラミック製のタイルの色がもとになっています。【1937年デザイン】
【ご購入前に確認をお願いします】
・ホワイトのプラントポットには黒い汚れのようなものがある場合がございます。他カラーのプラントポットには一部塗装が薄い箇所や、小さなくぼみのある場合がございます。 これは製造工程上避けられないため、良品となりますこと予めご了承ください。

商品詳細
商品コード115366
ポイント395 P
送料区分 送料区分0(通常)(合計5,000円以上送料無料)
サイズW205×D160×H120mm
素材セラミック
製造国Portugal
デザイナーアイノ アアルト
納期1週間前後
カラーを選択
8,690(税込)
注文数

ラインナップ

ストーリー
閉じる...

自然を愛したアアルト夫妻の哲学が詰まった、プラントポット

自然を愛し自然とともに生きた、アルヴァ・アアルトとアイノ・アアルト。リーヒティエプラントポットは、その 2人のデザイン感をそ のまま形にしたような、プラントポットてす。アアルト夫妻がともにこだわりを持っていたのは自然の素材と、日常生活における機能性、 実用性。そしてデザインがそれに違和感なく調和することでした。このリーヒティエプラントポットはそんな夫婦の哲学を受け継ぎ、現在のライフスタイルにあったモジュールと素材とカラーで製品化されました。自然の持つ有機的なフォルムからインスピレーションを得 たであろう、美しい曲線形状。アアルトの主な建築に用いられているタイルから着想を得た、セラミック素材。ホワイトとブルーのカラー は、フィンランドのムーラッツァロにあるアアルトの夏の家(別荘)、『実験住宅』で使用されているのタイルの色がもとになっています。 そこにあるだけで美しく存在感を放ち、そして機能も兼ね備えている。そんなリーヒティエプラントポットに心惹かれてしまいます。

その原点はアアルト自邸のテラスにありました。

アアルトハウス 外観
アアルトハウス テラス
アアルトハウス リビング
アイノ & アルヴァ アアルト夫妻

1934 年、アルヴァ・アアルトとアイノ・アアルトは、ヘルシンキ郊外の海辺の町、ムンッキニエミにあるリーヒティエ通りに小さな土 地を購入しました。ムンッキニエミは、今でこそトラムに乗れば都心からほど近い地域ですが、当時は延々と田舎の風景が続くばかり。 しかし、自然や自然素材を愛したアアルト夫婦は、あえてこの場所に自宅兼アトリエを構えることに決めたのです。
現在、ミュージアムになったアアルト自邸、その南向きのテラスには、アイノ・アアルトがデザインした大きな白い植木鉢が 2 つ、今も 静かに佇んでいます。この植木鉢は、1937 年のパリ万国博覧会で展示され注目を集めたものの、当時は製品化にまで至りませんでした。 そしてフィンランドが独立 100 周年を迎える 2017 年、80 年の時を経て、当時のデザインはそのままに、「リーヒティエプラントポット」 として素材を変えて製品化される運びとなったのです。

2タイプのフォルムがあります。

リーヒティエプラントポットのデザインは2タイプ、サイズは室内で使いやすい3種類を展開しています。シェルフなどにも置ける小ぶりなSサイズのデザインは、AとBの2タイプ。テーブル上などで生えるMサイズはBタイプのみ、また一番大きなL サイズは、Aタイプのみの展開です。カラーはホワイト・ブルー・グレー・ブラウンの、4色となります。

多用途で使えるのも魅力

リーヒティエプラントポットは植木鉢ですが、底に穴はありません。なのでフラワーベースとして使用したり、収納に使うことも可能です。 存在感はあるのにシンプルなデザイン。爽やかな白とブルー、落ち着いたグレーとブラウンは様々なインテリアの中に溶け込みます。 また 1 点1点、職人が手作りで製作しており、それが深い味わいにもなっています。 ※手作りのため、塗装の薄い箇所や釉薬のムラ、小さなシミやピンホールがある場合がございます。これは製造工程上避けられないもの となりますので、ご了承ください。

コラム「暮らしとセンプレ」もあわせてお楽しみください。

閲覧履歴

閲覧履歴一覧はこちら ►

ブランド
閉じる...

artek

北欧のファニチャーブランド・アルテック。フィンランドの建築家、アルヴァ・アアルトが手掛けたデザインはシックでモダン。そのどの時代にも通じる廃れることのない完成された造形美で、北欧を代表するブランドとして愛され続けています。

デザイナー
閉じる...

アイノ アアルト

Aino Aalto (アイノ・アアルト)

Aino Aalto (アイノ・アアルト)

1894〜1949年。
1894年にヘルシンキにて生誕。
1920年にヘルシンキ工科大学を卒業した後、当時ヘルシンキの建築界で名門と謳われていたオイヴァ・カッリオの事務所に勤めます。1924年、建築家としてアアルトの建築事務所に入ると長い間、アルヴァ・アアルトと対等の立場で事務所を率いました。アアルトの事務所が手掛けたサヴォイ レストラン(1937)、マイレア邸(1939)において内装デザインを担当し、一方で彼女自身のプロジェクトとして展覧会の展示デザイン、家具やミラノ トリエンナーレで賞を獲得したiittalaのグラスデザインを手掛けています。そんなアイノ・アアルトはアルテック立ち上げに 主導的な役割を果たし、1935年のアルテック創業時はアートディレクターとして、1941年から社長としてアルテックに関わりました。

リーヒティエプラントポット / Riihitie Plant Pot

リーヒティエプラントポット
イメージ
イメージ
  • イメージ
W

リーヒティエプラントポット
artek

¥ 8,690 〜 ¥ 19,030

ラインナップを見る

自然とともに暮らす

リーヒティエプラントポットは、アアルトの主な建築に用いられているタイルから着想を得た素材を選び、ひとつひとつ人の手によって作られています。その清々しいカラーは、フィンランドのムーラッツァロにあるアアルトの夏の家、「実験住宅」で使用されているセラミック製のタイルの色がもとになっています。