トップ
商品情報へ
トップ  >  キッチン  >  食器  >  テーブルウェア / KIKOF  >  ボウル 02 / ホワイト

ボウル 02 / ホワイト
KIKOF

信楽焼のテーブルウェア。シリアルやヨーグルト、スープがたっぷり入るサイズです。ちょっと食べたい時の小どんぶりとしても。五分目のラインまでで約250cc入ります。
グラフィックデザインがベースにあるキギ(植原亮輔/渡邉良重)らしく、まるで紙を成型したような、直線のみで構成されたシンプルなデザインで、非常に薄く、ごく軽い事が特徴です。約250万年前、現在の信楽地方は琵琶湖に沈んだ土地でした。湖底に溜まった土砂やプランクトンが隆起し、250万年のときを経て粘土化してできた土が信楽焼の材料となっています。直線的なかたさと、陶器の持つ柔らかい印象、何度も調整した釉薬の色合いが独特の素材感をつくりだし、磁器では表現できない味わいが特徴となっています。紙の薄さや角度を再現するため、製造工程には様々な試行錯誤がなされました。火に強く、大きなものをつくるのに適した特性を持つ信楽の土だからこそ可能となったかたちです。刻印された数字 670.25 は琵琶湖の面積を表しています。
電子レンジ ×
オーブン  ×
食洗機   ×
※職人が一つ一つ手を掛けて作っている商品のため、サイズや形状の固体差がございます。
※多少の色むらや小さなピンホール等生じる場合がございますが、不良品ではございません。手仕事の和食器の表情としてお楽しみください。
※こちらの商品のお支払いはクレジットカードか商品代引きのみとなります。ご注文後のキャンセルはお受けできません。


詳細はこちら

信楽焼のテーブルウェア。シリアルやヨーグルト、スープがたっぷり入るサイズです。ちょっと食べたい時の小どんぶりとしても。五分目のラインまでで約250cc入ります。
グラフィックデザインがベースにあるキギ(植原亮輔/渡邉良重)らしく、まるで紙を成型したような、直線のみで構成されたシンプルなデザインで、非常に薄く、ごく軽い事が特徴です。約250万年前、現在の信楽地方は琵琶湖に沈んだ土地でした。湖底に溜まった土砂やプランクトンが隆起し、250万年のときを経て粘土化してできた土が信楽焼の材料となっています。直線的なかたさと、陶器の持つ柔らかい印象、何度も調整した釉薬の色合いが独特の素材感をつくりだし、磁器では表現できない味わいが特徴となっています。紙の薄さや角度を再現するため、製造工程には様々な試行錯誤がなされました。火に強く、大きなものをつくるのに適した特性を持つ信楽の土だからこそ可能となったかたちです。刻印された数字 670.25 は琵琶湖の面積を表しています。
電子レンジ ×
オーブン  ×
食洗機   ×
※職人が一つ一つ手を掛けて作っている商品のため、サイズや形状の固体差がございます。
※多少の色むらや小さなピンホール等生じる場合がございますが、不良品ではございません。手仕事の和食器の表情としてお楽しみください。
※こちらの商品のお支払いはクレジットカードか商品代引きのみとなります。ご注文後のキャンセルはお受けできません。

商品詳細
商品コード292017
ポイント225 ポイント(5%)
送料区分 送料区分0(通常)(合計5,000円以上送料無料)
サイズ約W145×D145×H100mm
素材磁器(信楽焼)
製造国Japan
デザイナーキギ (渡邊 良重 & 植原 亮輔)
納期1週間前後(残り 1)
ラッピング可(有料)詳細はこちら
 
残り 1
4,950(税込)
会員登録で225 ポイント還元
注文数
残り 1

ブランド
閉じる...

KIKOF

グラフィックデザイナーであるキギのクリエイションにより、紙で成形したようなシンプルな形に仕上げています。八角形をベースとしたフォルムは、直線のみで構成され、紙に近づける表現が、うすく、ごく軽い食器を生み出しました。直線的なかたさと、陶器の持つ柔らかい印象、何度も調整した釉薬の色合いが独特の素材感をつくりだし、磁器では表現できない味わいが特徴となっています。紙の薄さや角度を再現するため、製造工程には様々な試行錯誤がなされました。火に強く、大きなものをつくるのに適した特性を持つ信楽の土だからこそ可能となったかたちです。器の色は琵琶湖の朝、昼、夕の湖面に映る色の表現で、それぞれ、Morning blue、Noon white、Sunset pink、と名付けられました。 刻印された数字 670.25 は琵琶湖の面積を表しています。

テーブルウェア / Tableware

テーブルウェア

テーブルウェア
KIKOF / キコフ

¥ 4,950 〜 ¥ 18,700

陶器とは思えない薄さと軽さ

信楽焼のテーブルウェア。グラフィックデザインがベースにあるキギ(植原亮輔/渡邉良重)らしく、まるで紙を成型したような、直線のみで構成されたシンプルなデザインで、非常に薄く、ごく軽い事が特徴です。

・職人が一つ一つ手を掛けて作っている商品の為、サイズや形状の固体差がございます。また、多少の色むらや小さなピンホール等生じる場合がございます。手仕事の和食器の表情としてお楽しみください。

閲覧履歴

閲覧履歴一覧はこちら ►