トップ
商品一覧へ
Wポイントキャンペーン実施中
トップ  >  家具  >  ダイニングチェア  >  Y-チェアCH24 / Carl Hansen & Son  >  Yチェア用レザークッション
Yチェア用レザークッション (Carl Hansen & Son / カールハンセン&サン)
ブラック(Loke7150)
ゴールデンブラウン(Loke7050)
ブラウン(Loke7748)
  • Yチェア用レザークッション (Carl Hansen & Son / カールハンセン&サン)
  • ブラック(Loke7150)
  • ゴールデンブラウン(Loke7050)
  • ブラウン(Loke7748)

Yチェア用レザークッション
Carl Hansen & Son

Yチェア用に開発された革張りのクッションです。両面を使用することが可能で、Yチェアの座面にきちんと収まるよう前脚、および後脚に合わせて各コーナーを加工してあります。素材は表面にエンボス、およびコーティング加工を施したバフレザーのLokeコレクション。表面加工してあるため、お手入れがとても簡単な皮革です。
【チェアは別売りとなります】
※お支払い方法は、銀行振込、カード払いのみとなります。

詳細はこちら

Yチェア用に開発された革張りのクッションです。両面を使用することが可能で、Yチェアの座面にきちんと収まるよう前脚、および後脚に合わせて各コーナーを加工してあります。素材は表面にエンボス、およびコーティング加工を施したバフレザーのLokeコレクション。表面加工してあるため、お手入れがとても簡単な皮革です。
【チェアは別売りとなります】
※お支払い方法は、銀行振込、カード払いのみとなります。

商品詳細
商品コード464610
ポイント600 ポイント
送料区分 送料無料
サイズ約W490×H390×D30mm
素材レザー
納期10日前後
ラッピング不可
補足事項受注商品の為、ご注文後のキャンセルはご遠慮ください
カラーを選択
13,200(税込)
会員登録及びクーポンご利用で1,200 ポイント還元

商品一覧

ストーリー
閉じる...

世代を超えて愛され続ける、不朽の名作チェア

Yチェア

1950年からずっと生産され続けている、ハンス・J・ウェグナーデザインの名作チェア、CH24。背中を支える支柱がYの字であることから「Yチェア」という愛称で知られています。そのデザインのルーツは中国、明時代のチャイニーズチェアだとか。ペーパーコードが張られた広めの座面と緩やかにカーブを描く木部フォルムとのコンビネーションが美しく、日本の和空間にも不思議と馴染みます。ゆったりと快適な座り心地はダイニングでもくつろげるチェアとして、多くの人々に愛され続けてきました。やさしい質感の天然木は時を経るとより味わいが増し、ますます魅力的な表情に変化していく。世代を超えて受け継がれ使い続けることができる、名作チェアの1つです。

Yチェア
Yチェア

魅力その1、デザインの美しさ

Yチェアが愛され続ける理由の1つは、そのフォルムの美しさにあるでしょう。背もたれからアームにかかるR曲線、それを支えるYの字の凛とした佇まい。そして微妙に太さを変えながら足元へ続くレッグのディテール。Xに張られたペーパーコードのシートは、見る角度によって光を反射し美しさを放ちます。360°どこから眺めても、ほれぼれするようなデザインなのです。

Yチェア
Yチェア
Yチェア
Yチェア

魅力その2、快適な座り心地

Yチェアの座り心地の良さの秘密、その1つは座面のペーパーコードです。最初はちょっと硬く反発するような感じですが、使い込んでいくうちに人のお尻にしっくりと馴染んできます。前の方へ軽く腰掛けても背にもたれながらゆったり座っても、お尻に沿って程よい弾力で支えてくれます。ペーパーコードは通気性が良いので夏は涼しく、冬は冷やっとしない。1年を通して気持ち良く快適なのです。
また座り心地を作るのは座面だけではありません。背中に当たるR 形状の背板は体のカタチに沿って包み込むように回りこみ、程よいホールド感。短めのアームは食事やデスクワーク時には邪魔にならない長さですが、リラックス時に肘をかけるとくつろぎのポジションに。座面が広めで体格によっては斜めに座ることもでき、ダイニングチェアなのにラウンジチェアのようなくつろぎ感を得られます。

Yチェア
Yチェア

1脚のチェアが歴史を物語る

写真はどちらもオーク材のYチェア。右のチェアは新しいものですが、左は60年前に生産されたものです。人が座り使われていくにつれ、味わい深く変化していきました。家具を代々受け継ぎながら使用していくのは、北欧では当たり前のこと。メンテナンスを重ねながらチェアを育てていくような感覚でしょうか。家族やその家に関わる人々の歴史を1脚のチェアが語る。そんな思いがこもったチェアを、育ててみたくなります。

Yチェア

ペーパーコードのひみつ

ペーパーコードの椅子は北欧で生まれました。見た目はショッピングバッグ用の紙ひもとよく似ていますが、実は全然違います。ショピングバッグの紙ひもは柔らかくて薄い1枚の紙からできていますが、Yチェアのペーパーコードはかなりしっかりとした3枚の紙を細くひねり、さらにそれを1本にねじり合わせている仕組み。一般の紙ひもとは違い繊維の長いデンマーク産の天然パルプを使用しているため、より強度が高く頑丈なのです。またペーパーコード1本1本を蝋でコーティングしているため、水を弾き汚れがつきにくいのがうれしい特長です。

Yチェア
Yチェア

樹種は4タイプあります

センプレのYチェアは、ビーチ・オーク・ウォールナット・マホガニーの4 つの樹種からお選びいただけます。ビーチは明るいナチュラルカラーで比較的木目がおとなしい材。それに対してオークは木目が荒くはっきりしているのが特徴です。ウォールナットは落ち着いたダークブラウン色が美しい材です。マホガニーは豊かな赤い色が特徴です。また、ビーチ材はブラック塗装もあります。

Yチェア

ビーチとオークは仕上げを選べます

ビーチ材とオーク材の仕上げは、ソープフィニッシュとオイル塗装から選べます。
ソープフィニッシュはその名の通り、せっけんを使って表面に塗膜を作る方法。明るくマットなさらっとした触感で、木の自然な状態に一番近い仕上げです。
それに対してオイル塗装は、しっとりと少し艶のある仕上がり。ソープに比べて若干飴色になります。
ソープもオイルも時が経つにつれ、だんだん艶が出て濃い色に変化。経年変化で素敵な味わいが生まれます。
※ウォールナット材はオイル塗装のみとなります。

Yチェア

ペーパーコードは2色あります

座面のペーパーコードのカラーは2色。明るく自然な色合いのナチュラル色と、モダンなブラックがあります。
※センプレでは木部が、ビーチのソープフィニッシュ、ウォールナット、ビーチのブラック塗装の3タイプのみ、ブラックシートに対応しています。

Yチェア
Yチェア

日本サイズについて

Yチェア

Yチェアの通常のシートハイは45cmですが、日本人の体型と靴を脱いで生活するライフスタイルに合わせて、センプレではシートハイを43cmに設定したものをご用意しています。
※ビーチ/ソープフィニッシュ・オーク/オイル仕上げ・ビーチ/ブラック塗装のみ、対応しています。

オプションでシートクッションをご用意

Yチェアの座面にぴったり収まるよう設計された、革のシートクションをご用意しています。柔らかな座り心地をお好みの方、シートハイをほんの少しだけ上げたい方などに便利。また座面のペーパーコードの保護にもなります。カラーは3色で、両面使用が可能。エンボス加工がしてあるバフレザー(サンドペーパーなどで削り加工してある革のこと)仕様で、表面にコーティングが施されているため、お手入れも簡単です。

Yチェア
Yチェア

ご注意ください

Yチェア

Yチェアはアームがあるため、座面全体を一般的なダイニングテーブルやデスクの下に収めることはできません。そのためチェアの背後に人が通れるだけのスペースが、より多く必要となりますのでご注意ください。 ※テーブルのヘリから壁まで(非着座時)
チェアの背後を普通に通り抜ける場合:最低でも110cm
横向きに歩いて通り抜ける場合:最低でも80cm
上記を目安に設置してください。

メンテナンスについて 〜Yチェアを長くお使いいただくために〜

Yチェア

カールハンセン社の家具はどの製品も世代を超えて長くお使いいただけるよう製造されていますが、より心地よく末長くお使いいただくためにはきちんとしたメンテナンスが重要です。
詳しくはこちらからご覧ください。

メンテナンスについて詳しく見る

寸法図

Yチェア
閲覧履歴

閲覧履歴一覧はこちら ►

ブランド
閉じる...

Carl Hansen & Son

デンマークに拠点を置く、デザイナーズ家具ブランド。今までに無かった革新的なデザインの家具を多く手掛け、Yチェアなどのユニークかつデザイン性の高い作品を発信しています。 製品はすべて腕のいい職人たちの手を通し、一つ一つ時間をかけて丁寧に製作されています。サスティナビリティーに優れたデンマークの森林、そこから採れる素晴らしい木材、そしてデザインの経緯や時代背景など、カールハンセン&サンの家具には様々なドラマ、物語が凝縮されています。

カール・ハンセン&サン / Carl Hansen & Son とは

カール・ハンセン&サンにとって名作と言えるのは、これまでに培った高い技術と最高級の素材で製作される、シンプルで美しく、機能を備えた製品です。100年以上に渡り、高い技術とクラフトマンシップで、新しいビジョンに満ちたデザインを世に送り出すことで知られてきました。
 

100年以上にわたって現代的なデザインを創造

その歴史は1908年、家具職人カール・ハンセンが自身の小さな工房をデンマーク、オーデンセに開設した時に始まりました。それ以来、妥協の無いクラフトマンシップへのこだわり、そして新しいデザインを追求してやまない優れたデザイナーとの協働。この二つが歴史を支えてきました。
そして世界的な家具デザイナーの一人、ハンス J. ウェグナーとの長年に及ぶ信頼関係が大きく影響しています。協働がスタートしたのは1949年。カール・ハンセン&サンの二代目の社長だったホルガー・ハンセンが、当時まだ無名だったデザイナーに社運を託した時に始まりました。

ウェグナーは名作とし知られるYチェアをはじめ、数々の名作デザインをカール・ハンセン&サンから発表。
まさにこれは、斬新なデザインと妥協をしない製作技術が手を組むことによって成し遂げられる偉業の証しといえます。
1950年代、デニッシュモダンを国際舞台に押し上げる大きな原動力となったウェグナー。そしてそれは弊社にとっても同様です。現在においても最も偉大なデザイナーであり、ベストセラーデザイナーです。世界中で名作と称され、コレクターアイテムとなっているウェグナーデザイン。そして、ウェグナーのビジョンは弊社の大事なDNAとなっています。
今日、カール・ハンセン&サンは、ウェグナーデザインをもっとも数多く生産する家具メーカーとして、ハンス J.ウェグナースタジオと密接に仕事をし、デンマークで製品を作り続けています。

クラフトマンシップ

ハンス J. ウェグナー、オーレ・ヴァンシャー、フリッツ・ヘニングセン、コーア・クリント、 モーエンス・コッホ、そしてポール・ケアホルム。ミッドセンチュリーを代表する、数多くのデンマーク人デザイナーの家具を製作しています。デザイナーのビジョンをより忠実に再現するために、各デザイナーのご遺族やデザイン事務所と密接な連携を続けています。
一方、新しい世代のデザイナーとも仕事をしています。モダンなスペースに斬新な輝きをもたらすシンプルさ、機能性、クラフトマンシップといった、デニッシュモダンの核となるビジョンを継承するデザイナーたちです。
コラボレーションの基本にあるのは、デザインから製作に至るまで一貫した、相互の信頼関係。またコレクションに新しい一面を加えることも共同作業を決定する大事な要素です。

かつて新しいデザインの創造に情熱を捧げた巨匠デザイナーたち、 そしてそれを継承する新しいクリエイターたち。デザイナーデュオ ストランド⁺ヴァス、 デザイナー トーマス・ボー・カストホルム、マルチアーティスト ナヤ・ウッソン・ポポフ。 こうした次世代のクリエイターとの協働が、弊社に新しいモダンクラシックを生み出すチャンスを与えると信じています。
カール・ハンセン&サンは、また、日本の建築家 安藤忠雄、そしてオーストリアのデザイナートリオ イーオスと国境を越えたコラボレーションにも着手。
自分たちのオリジナル性、技術の限界への挑戦、技術とサスティナビリティーの共存とあらゆる角度から検討した、素晴らしいデザインで弊社のコレクションに新しい一面を加えています。

デザイナー
閉じる...

ハンス ジェイ ウェグナー

Hans J Wegner(ハンス ジェイ ウェグナー)

Hans J Wegner(ハンス・ジェイ・ウェグナー)

1914〜2007年。
1914年4月2日デンマーク・トゥナーにて生誕。
コペンハーゲンにある美術工芸学校の家具科で学んだのち、27歳のときにアルネ・ヤコブセンの建築事務所で働くようになります。
1943年〜1946年には自らデザインスタジオを持ちながら自身が卒業した美術工芸学校で教鞭をとり、椅子のデザインを続けます。
現在に至るまでに、ピーコックチェア、ラウンドチェア(ザ・チェア)、Y-チェアなど500種類以上の椅子をデザインし、国内外を問わず多くの展示会に出展し賞を受けています。
その作品はニューヨーク近代美術館を始め、幾多の公共機関にコレクションされています。北欧デザインを語る上で、間違いなく最も代表的なデザイナーです。

Y-チェアCH24 / Y Chair CH24

Y-チェアCH24

Y-チェアCH24
Carl Hansen & Son / カール・ハンセン&サン

¥ 13,200 〜 ¥ 192,500

商品一覧を見る

北欧デザインの不朽の名作

ハンス・J・ウェグナーデザインのYチェア。年月が経過とともに木肌の表情が味わい深くなり、使い込むほど愛着も湧き、生涯使い続けることができる名作チェアです。 やわらかな曲線やビーチ材の素材感は日本のインテリアにもよく馴染み、ペーパーコードの座面は、一度座ったら立ち上がりたくなくなってしまうほどの座り心地です。 ソープフィニッシュとは、木部に石鹸水を塗り込み自然な風合いを活かした仕上げです。汚れた場合には、洗浄やサンディングをすることができます。
【1950年デザイン】

※取り寄せ商品の為ご注文後のキャンセルはご容赦ください。
※お支払いは、銀行振込、カード払いのみとなります。