トップ
商品情報へ
トップ  >  家具  >  ダイニングチェア  >  ドロップチェア / Fritz Hansen  >  ドロップチェア ペールローズ ベース43cm / Drop 3110
ドロップチェア ペールローズ ベース43cm / Drop 3110 (Fritz Hansen / フリッツ・ハンセン)
脚:ブラック
脚:クローム
脚:ウォームグラファイト
脚:ブラウンブロンズ
  • ドロップチェア ペールローズ ベース43cm / Drop 3110 (Fritz Hansen / フリッツ・ハンセン)
  • 脚:ブラック
  • 脚:クローム
  • 脚:ウォームグラファイト
  • 脚:ブラウンブロンズ

ドロップチェア ペールローズ ベース43cm / Drop 3110
Fritz Hansen

ドロップは、アルネ・ヤコブセンの傑作として知られるコペンハーゲンのラディソン・ブル・ロイヤルホテルプロジェクトの一部として、1958年にヤコブセン自身によりデザインされました。スワンチェアやエッグチェアと共に製造されたものの、ドロップの製造数は同ホテルのためだけの限られたものでした。50年を超える時の眠りから目覚め、ドロップは2014年に再登場を果たしました。愛らしく個性的なこの椅子は、歴史とアイデンティティを持ちながらも、新鮮さと力強さを感じさせます。ドロップの持つ特徴的な背もたれのフォルムは、温かな抱擁感と動きやすさを持ち合わせ、驚くべき程の快適さを生み出します。
デンマークのFritz Hansen(フリッツ・ハンセン)社の商品です。
【1958年デザイン】
※お支払い方法は、銀行振込、カード払いのみとなります。

詳細はこちら

ドロップは、アルネ・ヤコブセンの傑作として知られるコペンハーゲンのラディソン・ブル・ロイヤルホテルプロジェクトの一部として、1958年にヤコブセン自身によりデザインされました。スワンチェアやエッグチェアと共に製造されたものの、ドロップの製造数は同ホテルのためだけの限られたものでした。50年を超える時の眠りから目覚め、ドロップは2014年に再登場を果たしました。愛らしく個性的なこの椅子は、歴史とアイデンティティを持ちながらも、新鮮さと力強さを感じさせます。ドロップの持つ特徴的な背もたれのフォルムは、温かな抱擁感と動きやすさを持ち合わせ、驚くべき程の快適さを生み出します。
デンマークのFritz Hansen(フリッツ・ハンセン)社の商品です。
【1958年デザイン】
※お支払い方法は、銀行振込、カード払いのみとなります。

商品詳細
商品コード651621
ポイント2,100 ポイント(5%)
送料区分 送料区分1(160)
サイズW455×D545×H855・SH430mm 重量:6.8kg
素材シート:プラスチック 脚:スチール(紛体塗装仕上げ / クロームメッキ仕上げ)
製造国Poland
デザイナーArne Jacobsen (アルネ ヤコブセン)
納期受注生産(3~5ヶ月)(納期は7~8ヶ月かかる場合もございます)
ラッピング不可
補足事項受注商品の為、ご注文後のキャンセルはご遠慮ください
カラーを選択
46,200(税込)
会員登録及びクーポンご利用で4,200 ポイント還元
Wポイントクーポン配布中
クーポンコードはこちら

注文数
納期は7~8ヶ月かかる場合もございます

デザイナー
閉じる...

Arne Jacobsen (アルネ ヤコブセン)

Arne Jacobsen (アルネ ヤコブセン)

1902~1971年。
建築、家具、食器、カトラリー、照明、テキスタイルと生活に関わるあらゆるモノに関わった建築家、デザイナーです。当時、新素材だった成形合板、スチールなどを活かした作品でデンマークに新しいモダンスタイルを確立する先駆者になりました。機能美だけではなくフォルムの美しさ、心地よい使用感などぬくもりのある美しいデザインで制作された代表作となった有名なアントチェア、セブンチェアは現在でも人気は衰えることなく、数多く製造され、多くのファンに愛用され続けています。

ブランド
閉じる...

Fritz Hansen

1872年に設立された北欧デンマーク家具の代名詞、Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン)社。アルネ・ヤコブセン、ポール・ケアホルム、ハンス・J・ウェグナー、ピート・ハインなど、多くの優れたデザイナーと協力して生まれた名作家具は、近代的な北欧デザインの概念を定着させました。

ドロップチェア / Drop Chair

ドロップチェア

ドロップチェア
Fritz Hansen / フリッツ・ハンセン

¥ 8,800 〜 ¥ 46,200

愛らしく個性的なチェア

ドロップは、アルネ・ヤコブセンの傑作として知られるコペンハーゲン のラディソン・ブル・ロイヤルホテルプロジェクトの一部として、1958 年にヤコブセン自身によりデザインされました。スワンチェアやエッグ チェアと共に製造されたものの、ドロップの製造数は同ホテルのためだ けの限られたものでした。50 年を超える時の眠りから目覚め、ドロップは2014年に新作として再登場を果たしました。愛らしく個性的なこの椅子は、歴史とアイデンティティを持ちながらも、新鮮さと力強さを 感じさせます。ドロップの持つ特徴的な背もたれのフォルムは、温かな 抱擁感と動きやすさを持ち合わせ、驚くべき程の快適さを生み出します。
【1958年デザイン】

※取り寄せ商品のため、ご注文後のキャンセルはご容赦ください。

閲覧履歴

閲覧履歴一覧はこちら ►