トップ
商品情報へ
トップ  >  インテリア  >  照明(ペンダント)  >  ピーエイチ 5 ペンダントライト / Louis Poulsen

ピーエイチ 5 ペンダントライト / PH 5 Pendant Light

ピーエイチ 5 ペンダントライト

ピーエイチ 5 ペンダントライト
Louis Poulsen / ルイスポールセン

¥ 5,720 〜 ¥ 353,100

良質な光を生むための「機能的で美しいデザイン」

近代照明の父と呼ばれるポールヘニングセンの名作。1958年の発表以来、いまだ根強い人気を誇る Louis Poulsen(ルイス ポールセン)のPH 5シリーズ。重なるシェードと内部の反射板を精巧に組み合わせ眩しさのない光を実現。
【1958年デザイン】

※取り寄せ商品のため、ご注文後のキャンセルはご遠慮ください。

ストーリー
閉じる...

ルイスポールセンの名作 -PH 5-

PH 5

1958年にポール・ヘニングセンが開発したペンダント照明の名作「PH5」。ペンダントのメインシェードのサイズ(直径50 cm)にちなんで命名されました。

lc-shutters

光の制御、グレアフリー、影、光の色。
これらが照明に関するヘニングセンの生涯にわたる重要なテーマでした。 彼の関心はランプ自体のデザインやフォルムをどう見せるかでなく、 人や物、空間を光によってどのように照らすかにありました。 彼のランプデザインの全ては、このテーマを実現しようとした結果だったのです。

1920年代にデザインされた、3枚シェードのPHランプは、美的にも技術的にも 完成されたものでした。 PHランプの天才的発想の核心は、シェードのカーブに対数螺旋を用いたことと言ってもよいでしょう。 そこでは、光をどう扱うかがまるで化学製品のように正確に計算され、電球内のフィラメントが、常にランプデザインのスタートポイントでした。
それは、プレート状のオパールガラスと光の関係から説明すると理解しやすくなります。ある光源がオパールガラスのプレートを照らしているとすると、ガラスプレートの対して直角に光が入った場合、相対的に光の多くはプレートを透過して外に逃げてしまい、反射されて返ってくる光は 少なくなります。 一方、光源が同じプレートに対して斜めに当たった場合は、多くの光は「滑って」内側に反射され、透過光のロスは少なくなります。 ヘニングセンは、ランプのデザインにあたり、この後者の状態を得る為に さまざまな努力と工夫をしました。 ランプの下のテーブルであれ、どこであれ、光はそれが必要とされる場所に効率よく導かれなければならないのです。
観察の結果、ヘニングセンはガラスシェードを対数螺旋に似た形とし、その中心に光源を置けば、光源はすべての場所で 同じ入斜角でシェードにあたることに気づきました。 こうすれば常に光が「滑り」、シェードに当たった光の大部分が照明を必要とするランプの下方へ反射されるのです。 こうして、ヘニングセンは入斜角を37度に設定した独自の対数螺旋を考案し、シェードの形状に応用したのです。

lc-shutters

1958年に誕生したPH 5は、直径が50cmであることからそのように命名され、光を反射する4枚のメインシェードに加え、2枚の小さなミニシェードを組み込んでいました。
「不正確極まりない光熱を発する」フロストガラス製の白熱電球の標準化が進んだ為、PH 5ではフィラメント部分のみならず電球全体を、シェードとリフレクターで覆い尽くしてしまったのです。
光のバランスについても、PHSは独自の視点からデザインされていました。白熱電球が発する可視光線のうち、人の目の感度が最も高い黄、緑色の光線を弱め、感度が低くなる赤、青の領域を強調するという意図に基づき、 ランプ内部及び2枚のミニシェード、下面カバーは赤と青に彩色されました。
こうして「温かみと爽やかさを同時に醸し出す光」によって、昼と夜が移ろっていく薄明かりの夕暮れ、一日のうちで光が最も美しい時間帯を過ごすにふさわしい 人工照明が生まれたのでした。

光の質とタイムレスなデザインで、PH 5はまずデンマークにおいて圧倒的支持を得、「国民的ランプ」と称されるまでになり、海外で知られる最初のデンマーク製工業製品の一つとなりました。

PH 5 - 60th anniversary

PH 5 in Copper

デザイナー
閉じる...

Poul Henningsen (ポール ヘニングセン)

Poul Henningsen (ポール ヘニングセン)

1894~1967年。
1925年のパリ工芸博覧会へのデンマーク参加に先立ち開かれた照明デザインコンペで入選し、 ルイスポールセン社との協力を開始します。
1925年から26年にかけ、ルイスポールセン社と共同でコペンハーゲンのフォーラム展示会場の照明デザイン契約を取得。このプロジェクトの中で今日として知られる、三枚シェードで光を拡散・反射させるランプの原型が生まれました。
生涯において200種類以上のランプをデザインしましたが、彼が意図したのは単なる照明器具のバリエーションではなく、照らし出される人や物、あるいは空間を理想的に見せるための「良質な光」の追求にほかなりません。
光の色、グレア、陰影といったような照明の基本事項をキーワードとしたヘニングセンの光に関する考察は、今日の照明文化においてもなお、重要な意義を持ち続けています。

ブランド
閉じる...

Louis Poulsen

ルイスポールセンは、1874年に創業したデンマークの照明器具メーカーです。
ルイスポールセンは、形態は機能に従う、というスカンディナヴィア・デザインの伝統にもとづく製品づくりを実践しています。ルイスポールセンの製品の機能とデザインはどれも、自然の光のリズムを反映し、サポートするよう意図されています。製品のすべてのディテールが目的を持っており、デザインのすべては光に始まり、光に終わります。
これまでポール・ヘニングセン、アーネ・ヤコブセン、ヴァーナー・パントン、ヴィルヘルム・ラウリツェン、オイヴィン・スロット、nendo(佐藤オオキ)、内山章一、ルイーズ・キャンベル、マッス・オドゴーといった、多くの優れたデザイナーや建築家と密接なパートナーシップによって、ルイスポールセンは世界トップクラスの照明メーカーとして確固たる地位を築き、住宅、建築、ランドスケープのための、屋内と屋外両方の照明ソリューションを世界中で提供しています。
センプレはルイスポールセンの「正規販売店」となります。
https://www.louispoulsen.com/ja-jp/findretailer

全般照明にもおすすめのペンダント

sempre

全般照明にも適した照明
リビングルーム、ベッドルーム、及びダイニングテーブルに適した照明。上方向や横方向に光を向けるランプが、高く吊る全般照明に適します。
PH 3/2PH 5-4½PH スノーボールPH 2/1 ステムフィティングパテラウォラートコラージュVLリングクラウンVL45 ラジオハウスモザー

sempre

全般照明に適さない照明
ダイニングテーブルに適した照明。下方向だけを強く照らすランプは、単独で高く吊るには適しません。
PH 3½-3(メタル)PH 5PH 4/3アバーヴLCシャッターズスィルクトルボー(メタル)

展示情報
閉じる...

SEMPRE HOMEの展示状況

◉こちらのブランドの展示がございます。

オンラインショップに掲載の商品は、実店舗の SEMPRE HOME にてご確認いただけます。
ネットの画面だけでは家具や雑貨を買うのが不安なお客様も、実際にサイズ感や質感等を見たり、触ったりして、お確めいただけるので安心です。

※展示状況は予告無しに変更となる場合がございます。
※SEMPRE HOME の詳しい展示状況については、商品コードと商品名をご確認の上、こちらよりお問い合わせください。
※お急ぎの場合は、SEMPRE HOMEへお電話 (03-6407-9081) でお問い合わせください。

閲覧履歴

閲覧履歴一覧はこちら ►