トップ
商品情報へ
3,000円OFFクーポン配布中
トップ  >  インテリア  >  照明(スタンド・ウォール)  >  VL38 テーブルランプ / フロアランプ / Louis Poulsen

VL38 テーブルランプ / フロアランプ / VL38 Table Lamp / Floor Lamp

VL38 テーブルランプ / フロアランプ

VL38 テーブルランプ / フロアランプ
Louis Poulsen / ルイスポールセン

¥ 78,100 〜 ¥ 100,100

デンマーク放送局で使われた、歴史的ランプ

タイムレスで有機的なフォルムのシェードとベースに、無塗装・ヘアライン仕上げの真鍮製アームを使用したフロアランプ。デンマーク放送局(ラジオハウス)のために製作された歴史的ランプの復刻シリーズです。シェードは上下に可動し、光の向きを調整することができます。100%と50%の2段階調光機能付。

※取り寄せ商品の為ご注文後のキャンセルはご遠慮ください。

デザイナー
閉じる...

ヴィルヘルム ラウリッツェン

Vilhelm lauritzen (ヴィルヘルム ラウリッツェン)

Vilhelm lauritzen (ヴィルヘルム ラウリッツェン)

1894〜1984年。
ヴィルヘルム・ラウリッツェン(1894-1984)はデンマーク建築史のなかで最も重要な建築家のひとりで、デンマーク機能主義建築の先駆者です。ノーレブロ劇場(Nørrebro Theatre, 1931-32)、デールス・デパート(Daells Varehus, 1928-35、現在のサンクトペトリホテル)、ラジオハウス(1936-41)、そしてモダニズム建築の傑作であるコペンハーゲン空港のターミナル39など、名作を多く手がけました。他にも、現在はコンサート会場ヴェガとして知られる市民会館(1953-56)、ワシントンのデンマーク大使館(Shellhuset, 1958-60)が挙げられます。特にラジオハウスとコペンハーゲン空港のターミナル39はデンマークの指定建築物ともなり、ヨーロッパの建築における近代主義の象徴と言われています。

ブランド
閉じる...

Louis Poulsen

ルイスポールセンは、1874年に創業したデンマークの照明器具メーカーです。
ルイスポールセンは、形態は機能に従う、というスカンディナヴィア・デザインの伝統にもとづく製品づくりを実践しています。ルイスポールセンの製品の機能とデザインはどれも、自然の光のリズムを反映し、サポートするよう意図されています。製品のすべてのディテールが目的を持っており、デザインのすべては光に始まり、光に終わります。
これまでポール・ヘニングセン、アーネ・ヤコブセン、ヴァーナー・パントン、ヴィルヘルム・ラウリツェン、オイヴィン・スロット、nendo(佐藤オオキ)、内山章一、ルイーズ・キャンベル、マッス・オドゴーといった、多くの優れたデザイナーや建築家と密接なパートナーシップによって、ルイスポールセンは世界トップクラスの照明メーカーとして確固たる地位を築き、住宅、建築、ランドスケープのための、屋内と屋外両方の照明ソリューションを世界中で提供しています。

展示情報
閉じる...

SEMPRE HOMEの展示状況

◉こちらの商品の展示はございません。

※SEMPRE HOME の詳しい展示状況については、商品コードと商品名をご確認の上、こちらよりお問い合わせください。
※展示が無い商品はブランドショールームやブランド直営店舗をご紹介しております。

Brand showroom

louis poulsen ショールーム
〒106-0032 東京都港区六本木5-17-1 アクシスビル3F
03-3586-5040

閲覧履歴

閲覧履歴一覧はこちら ►