トップ
商品情報へ
トップ  >  キッチン  >  食器  >  テーブルウェア / ALONGU 明論具  >  ボウル 15cm / テンモク

ボウル 15cm / テンモク
ALONGU 明論具

多様性に溢れた日常の食文化をさらりと受け止めてくれるALONGUは、深みのある表情豊かな釉薬、程よい厚みと軽さ、手に馴染む形状が魅力。料理が盛られた時の美しさだけでなく、食器洗いの時の扱いやすさ、重なりの良さから、毎日使いたくなります。製品一つ一つのばらつきやコントロールできないような色味の変化も楽しめます。
鉄分を多く含む黒色の釉薬で、その結晶成分が生み出す繊細な模様に個体差が現れるカラーです。深みのある表情は食材の色味を引き立て、食卓を個性的に彩ります。
電子レンジ ○
オーブン  ×
食洗機   ○
※同じ商品でも季節の変化によって色味に差が生じる場合がございます。
※商品によって釉薬のムラがある場合がございます。

詳細はこちら

多様性に溢れた日常の食文化をさらりと受け止めてくれるALONGUは、深みのある表情豊かな釉薬、程よい厚みと軽さ、手に馴染む形状が魅力。料理が盛られた時の美しさだけでなく、食器洗いの時の扱いやすさ、重なりの良さから、毎日使いたくなります。製品一つ一つのばらつきやコントロールできないような色味の変化も楽しめます。
鉄分を多く含む黒色の釉薬で、その結晶成分が生み出す繊細な模様に個体差が現れるカラーです。深みのある表情は食材の色味を引き立て、食卓を個性的に彩ります。
電子レンジ ○
オーブン  ×
食洗機   ○
※同じ商品でも季節の変化によって色味に差が生じる場合がございます。
※商品によって釉薬のムラがある場合がございます。

商品詳細
商品コード515164
ポイント65 ポイント(5%)
送料区分 送料区分0(通常)(合計5,000円以上送料無料)
サイズφ150×H55mm
素材磁器
製造国Japan
デザイナー倉本 仁  
納期1週間前後(残り 1)
ラッピング可(有料)詳細はこちら
 
残り 1
1,430(税込)
会員登録で65 ポイント還元
注文数
残り 1

商品一覧

ストーリー
閉じる...

日本食の多様性を楽しむためのサステナブルな器、ALONGU 明論具

ALONGU 明論具

英語と日本語が混ざったような、ユニークな名前が目を惹くテーブルウェアブランド「ALONGU 明論具」。その名の由来には、様々な国籍性や地域性が混在する和食の現在地を楽しみ、未来の和食を兆す器を模索する姿が表現されています。

デザインを手掛けたのは、グッドデザイン賞の審査員も務めるプロダクトデザイナー倉本仁。彼がこれまでに作り出したプロダクトの中でも、食器は初めての分野となります。また、ブランドのアートディレクションはグラフィックデザイナーの真崎嶺が担当。日系アメリカ人である真崎氏のフィルターを通して、「ALONGU 明論具」の世界観は国籍をまたぎボーダレスに表現されています。

ALONGU 明論具

そんな彼らは磁器の生産地となる長崎県波佐見町を訪れた際、土地に根付いた「共生」する暮らしのあり方を目の当たりにしたそうです。
器の生産と作物の栽培を、400年前から同業者で支え合う姿勢が受け継がれた波佐見町。「ALONGU 明論具」でもその姿にならい、関わる人や環境、相互に豊かとなれる関係性が築けるプロダクトを目指して生まれました。


ALONGU 明論具をオススメする、3つのポイント

豊富なバリエーションで、どんな料理もキマります

和食だけでなく洋食、中華、アジア料理、様々な国籍性や地洋食など、多様性に溢れた日常の食文化をさらりと受け止めてくれる器です。食卓を彩り、料理を美味しく映してくれる4種類の釉薬を選定。
サイズも、プレートが4種、ライスボウルが2種、ボウルが2種、カップが1種と、とても豊かなバリエーションです。パスタなどの麺類や丼ものに加えてサラダや炒め物などにも、幅広く活躍します。

毎日使いたくなるこだわりのフォルム

ALONGU 明論具
ALONGU 明論具

深みのある表情豊かな釉薬と軽さが魅力的。和食器の特徴である高台を備えつつ、低めの高台から器全体がなだらかにつながる形状は、手に持ちやすく、洋食器のように置いて使うシーンにも馴染みます。

ALONGU 明論具
ALONGU 明論具

食器洗いの時の扱いやすさ、食器棚に納められた時の重なりの良さなど、毎日使いたくなる器です。

素材を活かした、オンリーワンの器です

ALONGU 明論具

全てが均一に仕上がるイメージを持たれやすい磁器製品ですが、制作の段階で「鉄粉」や「釉薬のむら」などが発生するのは、実はごく自然なこと。ALONGU 明論具では、これまでいわゆる「B品」とされてきた器も良品とし、在庫を生みださない持続可能な生産サイクルを実現しています。

一つ一つがもつ個体差は、ありのままの素材感や味わい深い表情を持ち、職人の手仕事がじんわりと伝わります。デザイナーの倉本仁が素材である陶石から磁器が生産される工程を理解し、約2年の期間を経て実現した味わい深い食器です。

4種類の釉薬について

装飾や補強など、様々な役割を持つ釉薬。ALONGU 明論具では、食卓を彩り、料理を美味しく映してくれる4種類の表情が選ばれています。

ALONGU 明論具

❶フチサビ
縁だけに鉄釉を施した表現。唐津では鯨肉に喩えて「皮鯨(かわくじら)」とも呼ばれます。白色の肌に口縁の黒釉が映える品物。繊細な盛り付けとの相性も抜群です。

❷テンモク
鉄分を多く含む黒色の釉薬で、その結晶成分が生み出す繊細な模様が表面に現れます。個体差が出るために量産品での採用が難しかった一方、その表情は食卓を個性的に彩ります。
深みのある表情が食材の色味を引き立てるので、鮮やかな色合いの料理にもオススメです。

❸セイジ
大陸から伝わった磁器様式の起点となる存在。「青磁」の文字通り、透明感のある薄い青みが美しく、飽きのこない端正な表情が特徴です。食卓の程よいアクセントになる一品。

❹ヤキシメ
釉薬を使わず、高温で焼き締めた仕上がりの表情です。マットな質感は4種の中で最も洋食器の雰囲気が強く、これからの和食器の姿を示唆しています。さまざまな国籍の料理に合わせて使っていただきたい一品です。

器の表情について

ALONGU 明論具

結晶反応が起こりやすい表情の豊かな釉薬を積極的に採用しているため、小さな点やムラなどがある器も良品として送り出されています。それぞれが持つ魅力として捉えていただけますと幸いです。
※器の模様を選ぶことはできません。あらかじめご了承ください。


ご使用について

食器洗い乾燥機、電子レンジのご使用が可能です。

デザイナー
閉じる...

倉本 仁  

倉本 仁 (クラモトジン)

プロジェクトのコンセプトやストーリーを明快な造形表現で伝えるアプローチで家具、家電製品、アイウェアから自動車まで多彩なジャンルのデザイン開発に携わっています。素材や材料を直に触りながら機能や構造の試行錯誤を繰り返す実践的な開発プロセスを重視し、プロトタイピングが行われている自身の”スタジオ”は常にインスピレーションと発見に溢れている。
iF Design Award、Good Design賞、Red Dot Design Awardなど受賞多数。

ブランド
閉じる...

ALONGU 明論具

デザイナーは国内外のブランドと幅広い分野で協働する倉本 仁。アートディレクションを担うのは、グラフィックデザイナー真崎嶺。
ニューヨークで育ち、2017年から東京で活動する日系アメリカ人の真崎氏の視点を通し、『ALONGU 明論具』の世界観は国籍をまたぎボーダーレスに表現されています。さまざまな国籍性や地域性が混在する和食の現在地を楽しみ、未来の和食を兆す器の姿を模索し、ブランド名は『ALONGU 明論具』と名をつけました。
自然のもたらす釉薬の濃淡などによって一点一点表情が異なることが大きな魅力であると同時に、いわゆる「B品」とされてきた在庫を生み出さないブランドです。
全てが均一に仕上がるイメージを持たれやすい磁器製品ですが、実は自然の陶石を原料とし、季節や気候の影響で窯の環境が変化することや、職人の手作業など様々な人の手が関わり生産されており、これまで検品の基準とされてきた「鉄粉」や「釉薬のむら」なども、実はごく自然に発生するものなのです。
『ALONGU 明論具』では、その素材が持つ魅力と自然が作り出すありのままの表情を活かすために、磁器には結晶などの反応が起こり表情の豊かな釉薬を採用し、また木製品も素地の風合いが感じられる半透明の「コゲチャの塗装を施しました。小さな点やむらが不良品とされてきたこれまでの当たり前を、これからは一点一点それぞれが持つ魅力として捉える新たな感覚へ、生産者、購入者と共に築きたいと考えています。

テーブルウェア / Tableware

テーブルウェア

テーブルウェア
ALONGU 明論具 / アロング

¥ 880 〜 ¥ 4,180

自然がつくる、ありのままの美しさ。

深みのある表情豊かな釉薬と程よい厚みと軽さ、しなやかで手に馴染む形状が魅力的な「ALONGU 明論具」。多様性に溢れた日常の食文化をさらりと受け止めてくれる器です。和食器のようでありながら、パスタやサラダを盛り付けてもしっくりと馴染みます。料理が盛られた時の美しさだけでなく、食器洗いの時の扱いやすさ、食器棚に納められた時の重なりのよさなど、毎日使いたくなる要素が詰まっています。個々に変化が生まれやすい結晶釉も積極的に採用し、製品一つ一つのばらつきやコントロールできないような色味の変化も個性として楽しめる食器を目指しました。生産者・購入者や環境が相互に豊かとなれる関係性が築けるプロダクトを目指し、これまでいわゆる「B品」とされてきた在庫を生みださない、持続可能な生産サイクルを実現しました

閲覧履歴

閲覧履歴一覧はこちら ►