トップ
フリッツ・ハンセン

フリッツ・ハンセン 150th ―タイムレスデザインの証

フリッツ・ハンセンは創業150周年を記念して、歴史が紡いだフリッツ・ハンセンの今を表現する展覧会を開催しています。
会場となるのは、東京都千代田区にある九段ハウス。昭和2年に竣工し、太平洋戦争で周辺の多くの建物が消失する中、激動の時代を乗り越え、当時の姿を今に伝えている奇跡の建築物です。
今回の展覧会では、フリッツ・ハンセンの歴史をご紹介しながら、アルネ・ヤコブセンが建築からインテリア、プロダクトデザインまでトータルで手掛けたSASロイヤルホテルの606号室へのオマージュや、名作家具のアニバーサリーモデルの展示、そして今のフリッツ・ハンセンのコレクションに実際に見て触って体感できます。

-九段ハウス-
●住所:東京都千代田区九段北1-15-9
●会期:2022年4月16日(土)~29日(金)

会場フォト

PK0 A™ & PK60™ について
sempre

フリッツ・ハンセン創業150周年の記念の一環として、ポール・ケアホルムがデザインしたアイコニックな名作、PK0 A™チェアと現在まで製品化されることがなかったPK60™コーヒーテーブルが発売されます。
●価格・発売日:未定
●仕様:ブラックカラードアッシュ / オレゴンパインの2種類予定
●その他:PK0 A & PK60 はセンプレでご予約可能です。発売開始のご連絡を希望される方はこちらよりお問い合わせ、ご依頼ください。

PK0 A™
独創的なPK0 A™チェアは、デンマーク出身のデザイナー、ポール・ケアホルムがフリッツ・ハンセンでのキャリアをスタートさせた1952年にデザインされました。機能的な彫刻ともいえる曲線的なPK0 A™は、近代デザイン史に大きな影響を与えた作品です。
※1952年にデザインされ、数量限定モデルとして1997年に初めて製品化されたオリジナルモデルの名称は「PK0™」です。改良された強度とともに2022年に発売される新バージョンのモデル名は「PK0 A™」となります。

PK60™
応用美術の作品であると同時に装飾的かつ機能的なポール・ケアホルムのPK60™は、才能あふれるクラフツマンシップとイノベーションを結びつけたミッドセンチュリーデンマークデザインを象徴する逸品です。
PK0 A™とともに1952年にフリッツ・ハンセンにてデザインされたものの、製品化されることがなかったこのコーヒーテーブルは、モダンアートからインスパイアされています。あらゆる角度から見て美しい作品です。