トップ
コラム
新商品
ベストセラー
ブランド
店舗情報
家具
インテリア
キッチン
バス・クリーン
雑貨

第6回 やっぱりカゴが好き

Iringa basket

毎日生活をしているとどうしても物が増え、溜まり、溢れていく。食品や生活雑貨はもちろん服や文具や小物家電など、気がつくと家中が物でいっぱいだ。断捨離しなくてはと思う反面、必需品が多く捨てられない物もたくさん。けれど部屋の収納ももう限界…。そんな時いつも助けてくれるのは、お気に入りのカゴたちだ。

カゴの一番の利点は、部屋に出しっぱなしにしておけるところ。形状的に棚や引き出しに仕舞いにくい物やデザインが好みではなかったりする物を、ポンポン放り込んで目隠しをしながらそのまま置いておける。そしてカゴは多用途で使い回しがきく。いっときある用途で使用して、必要なくなったらまた違う用途に変換する。とにかく使い途はキリがない。最近は安価な樹脂製の容器などもいろいろあってそれはそれで便利なのだが、やはり自然素材に心惹かれてしまうのだ。

クワンザコレクションのイリンガバスケットは、タンザニア南部のンジョンベという村の女性たちが一つ一つ手仕事で製作をしている。天然の染料で染めたアシの茎を使い、丁寧に編みあげた製品は美しく、とても丈夫だ。カゴというとどうしてもナチュラル感が強くインテリアを選んでしまいがちだけれど、クワンザのデザインはモダンな部屋にもマッチする。手作りのためか同じタイプでも結構サイズが違ったりちょっとゆがんでいたりしているが、それが逆に可愛く愛らしい。

カゴ使いの中でまず一番にオススメしたいのが、ランドリー周りの収納。ハンガーやピンチなどいろいろなサイズや形の物があるうえ、毎日必ず使用するから、すぐに取り出せてどこでも持って移動できるカゴは本当にピッタリだ。 特にハンガーは形状的にも収納しづらく悩みの種だったが、カゴに入れることで一気に解決。イリンガバスケットは、サイズ感もちょうど良い。同じような理由で掃除道具の収納にも便利。ハンディモップや粘着式クリーナーなど一式を入れて、各部屋に置いておけば使いたい時にすぐ取り出せる。
食品を貯蔵しておくのにも重宝する。箱買いしたドリンクなど段ボールの状態で部屋に出しておきたくないし、かといって仕舞う場所もない…という時、カゴに放り込んでおけば見栄えも良いし欲しい時にすぐ手にできる。
他にも、大きなカゴは玄関でスリッパ入れにしたり、小さなものはステーショナリーやリモコン、眼鏡、カギなど、とにかく細かい物の置き場としては最適だ。

そしてイリンガバスケットの使い途は、収納だけにとどまらない。 リビングで使うおしゃれなゴミ箱として。また、ベランダのハーブやグリーンをちょこっと摘んで空き瓶や空き缶に挿し、カゴの中にすっぽり入れてしまえば簡単に素敵なグリーンインテリアになる。

さて、そうやって部屋を片付けながらインテリアを考えていたら、またカゴが欲しくなってしまった。 物が多くて収納に困っているからって…、実は増えているのはカゴの方だったりして。

>おわり

ご紹介アイテム

□ Mサイズ
トラディショナルブラック

収納例:スリッパ、お掃除道具、ハンガーなどランドリーまわりの収納

商品ページへ

□ Sサイズ
ライトブラック

収納例:飲料、食品入れ、ゴミ箱、小さなおもちゃなどの収納

商品ページへ

□ XSサイズ
トラディショナルブラック

収納例:洗濯バサミなど細々したもの、リモコンをまとめて収納など

商品ページへ

□ XSサイズ
ライトブラック

収納例:ペン立てなどデスクまわりの収納、植物のカバーなど

商品ページへ

第1回 たかがピーラー、されどピーラー

第2回 我が家のニオイとアレルギーケア

第3回 お弁当の悩み、色いろ解決。

第4回 15年後の雨の日も…

第5回 マルチに活躍するシンプルグラス

第6回 やっぱりカゴが好き

第7回 軽くて丈夫な優れもの

コラム一覧に戻る >

小林千寿子 / フリーランス・デザイナー


神奈川県在住。 グラフィックデザイン会社、(株)ゼロファーストデザインを経て、1996年に(株)センプレデザインの立ち上げに参加。
センプレでは主にショップのカタログなど、グラフィック部門を担当。 1999年からフリーランスで、活動中。 高校生の女の子と夫との3人暮らし。