トップ

第47回 ベビーの服やマスクにも。天然の香りでやさしく洗う。


インティメイトランドリーウォッシュ

マスクは安心できる洗剤で洗いたい
新型コロナウイルスの感染拡大で外出時のマスク着用は当たり前となったが、体質的に喉が弱い私はコロナ以前からマスクが欠かせない生活だった。ミーティングなどで話す機会の多い日や、冬の外出時はもちろん、乾燥が苦手なので夜もマスクをして就寝するのが日常。そして在宅中はいつも布マスクを愛用している。しかし悩むのはその洗濯。顔に直接着けるものだし常に呼吸をしているから、洗剤も安心できるものを使いたい。なので今までは洗濯用のせっけんを愛用していたのだが、無香料のものは少し油臭かったり、また香料入りのものはその成分が気になっていた。


成分の98%が天然由来で、エッセンシャルオイル配合
この「インティメイトランドリーウォッシュ」は、エコ意識の高いオーストラリアの、「Green Nation Life(グリーンネイションライフ)」の製品。成分の98%に天然由来のものを使用した洗濯用洗剤で、人工香料は不使用。100%ピュアなエッセンシャルオイルが配合されている。主要なオイルはベルガモット&イランイラン。その香りは甘く柔らかでほんのちょっとスパイシー、爽やかな柑橘系も感じられるとても心地よいものだ。それもそのはず、ベルガモットはアールグレイの香り付けにも使われている柑橘類の植物でリラックス作用が高く、イランイランは熱帯アジア原産の黄色い花が咲く樹木、フローラルでエキゾチックな香りがするそうだ。


素肌にやさしい弱酸性
現在市販されている洗濯用洗剤の多くは中性~アルカリ性なのだが、このランドリーウォッシュは弱酸性。健康な人の肌は弱酸性なため、素肌にとてもやさしい。手洗いで洗濯しても手が荒れにくいし、赤ちゃんや敏感肌の方にはとても嬉しいと思う。ただ多くの汚れはアルカリ成分で落とすため(水垢等、酸性成分で落とすものもあるが)、若干洗浄力が弱いと感じるかもしれない。だが、マスクに付着した化粧品(崩れにくいタイプのものは除く)や醤油のシミ程度であれば、すぐに洗濯をすればスッキリ落とせる。また、もし落ちにくい汚れが付いてしまっていたら、固形石けんなどで部分洗いをしてからこのランドリーウォッシュで洗濯するのがおススメ。そして、配合されている界面活性剤も植物を由来とする生分解性のものなので、人だけではなく環境にもやさしいのだ。


手洗いなら1本で250回分
しかし、とはいえ気になるのはその使用量。1回の洗濯に一体どれくらいの量を使うのか。ボトルに記されている使用量の目安は洗濯機の場合、水30ℓに対し10~12プッシュ、手洗いの場合は2.5ℓに対し1プッシュとある。測ってみると10プッシュが大体20㎖程度。ボトルの正味量は500㎖だから、洗濯機で30ℓの水を使用した場合で25回分。手洗いだと水2.5ℓで250回も洗える計算だ。
また使ってみて解ったのだが、このプッシュ式というのがとても便利。一般の液体洗剤はキャップで分量を図るものが多いが、プッシュ式ならワンアクション。シミ汚れに直接プッシュすることも可能だし、液ダレしてボトルがベトベトになったりもしない。


お洗濯で癒される
ということで、このランドリーウォッシュで、マスクを手洗いしてみる。洗濯中はエッセンシャルオイルの心地よい香りで、癒し効果も抜群。乾いたマスクを着用すると微かに香りが残っていて、ほんの少し幸せな気持ちになる。早速今日、このマスクをつけて眠ってみよう。もしかしたらエッセンシャルオイルの香りで、ハッピーな夢が見れるかもしれないな。


>おわり

ご紹介アイテム


 

□ インティメイトランドリーウォッシュ

商品ページへ

センプレ創立メンバーで、現在フリー・デザイナーの小林さん。そんな内からも外からもセンプレをよく知る方に、時には感性鋭いデザイナーの目で、 時には一家を支える主婦の目で、センプレの扱っている商品のことを定期的に書き下ろしていただきます。

コラム一覧はこちら>

文と写真 小林千寿子 / フリーランス・デザイナー


神奈川県在住。 グラフィックデザイン会社、(株)ゼロファーストデザインを経て、1996年に(株)センプレデザインの立ち上げに参加。
センプレでは主にショップのカタログなど、グラフィック部門を担当。 1999年からフリーランスで、活動中。 大学生の娘と夫との3人暮らし。