トップ

第23回 手荒れの季節もお肌スベスベ


meraki

このハンドソープ、すごいよ!手がスベスベになる!!娘が嬉しそうに声を上げた。

父と私と娘は、親子三代にわたって乾燥体質だ。特に手足の荒れはひどくて冬場はいつもカサカサ。娘の手もいつも白っぽく粉が吹いているような状態だし、私も食器洗いの後や紙物を扱う仕事の時などは、水分を全部抜き取られたみたいな残念な手になっている。
ハンドクリームもいろいろ試してはいるのだが、特別すごく良いものには巡り合わず、ハンドソープもとりあえず汚れが落ちてくれればいいや、くらいの思いだった。
このメラキに出会うまでは。


シンプルでハイセンスなボトルのリキッドハンドソープは、たっぷり500ml。手のひらに出すととても良い香りがする。天然由来の香料は人工的に作られたものと違って、五感に心地よい。そして何といってもこのソープ、洗った後に手がスベスベになるのだ。一般的に石鹸で洗った場合汚れと一緒に油分も流してしまうので、スッキリはするが肌がカサカサになってしまう。ところがメラキのリキッドハンドソープは、洗った後の方が肌がスルスル。高品質な保湿成分がしっかりとケアしてくれるからなのだが、なんだか魔法にかかったみたいだ。

メラキのハンドソープは、もう1つ固形タイプがある。今、自宅の洗面所のドアを開けるとこの固形ハンドソープの爽やかなハーブの香りが部屋全体に満ちて、とても癒される。私はなんというかこの固形石鹸の佇まいがとっても好きだ。特にメラキのハンドソープは、色といい大きさ感といい、目にするだけで嬉しくなる。型押しされている「meraki」のロゴがほんのちょっとだけ曲がっていたりするところが、手作り感があって愛おしい。この固形タイプはリキッドと比較すると少しだけスベスベ感が薄い。しかし、逆にスッキリさっぱり。ガーデニングの後のちょっとした土汚れなども、しっかりと洗い流してくれる。もちろん固形の方にも保湿成分は含まれているので、一般の石鹸と比較したら格段と違うのだけれど。

そして仕上げに、ハンドクリーム。キャップを開けて手のひらに載せると、これも天然のハーブの香りにフワッ と包み込まれ、なんとも嬉しくなる。
1週間使い続けていると、カサカサの娘の手がしっとりなめらかな肌に変わった。

メラキはデンマークのブランドで可能な限り高品質な素材や成分を追求した、オーガニックのボディケア製品を開発している。すべてのアイテムが、パラベンフリー、合成着色料不使用、SLS( ラウリル硝酸ナトリウム) 不使用で、体と心の両方を満たす美しさと環境への配慮のある製品を心掛けているそうだ。

オーガニックで高品質なハンドケア製品たち。手荒れの季節に限らず、1年を通して使い続けていきたい。

>おわり

ご紹介アイテム

□ ハンドソープ500ml / コットンヘイズ

温かみのあるスパイシーな香りと穏やかで効果的なハンドソープ。

商品ページへ

□ ハンドソープ500ml / リネンデュー

新鮮なミントの香りと穏やかで効果的なハンドソープ。

商品ページへ

□ ハンドソープ500ml / シルキーミスト

オレンジの爽やかな香りと穏やかで効果的なハンドソープ。

商品ページへ

□ ハンドソープ100g / グリーンシーウィード【取扱終了】

merakiのハンドソープは肌に優しい原料を使用しています。

【取扱終了】

□ ハンドソープ100g / レモングラス

merakiのハンドソープは肌に優しい原料を使用しています。

商品ページへ

□ ハンドソープ100g / セサミスクラブ【取扱終了】

merakiのハンドソープは肌に優しい原料を使用しています。

【取扱終了】

□ ハンドクリーム / コットンヘイズ

やさしいレモンと果実のフレッシュな香り。

商品ページへ

□ ハンドクリーム / リネンデュー

ローズマリーやミントをベースにしたクリーンな香り。

商品ページへ

□ ハンドクリーム / シルキーミスト

レモンとオレンジベースの甘い果実のさわやかな香り。

商品ページへ

第28回 今年の夏は、シンプルで身体にもやさしい虫対策。

第27回 手描きのラインが魅力的なアルテックのバッグとポーチ。

第26回 何を入れても可愛い。フラワーベースの楽しみ方。

第25回 どう使う?アイデア膨らむワイヤーラック

第24回 アアルトデザインで日々の暮らしに自然を感じる

第23回 手荒れの季節もお肌スベスベ

第22回 祈祷札のお祀りってどうしてる?

第21回 どう使う?自分だけのカスタマイズノート

第20回 美しすぎる、光り輝くボトルライト

第19回 雨の季節も恐くない珪藻土の乾燥剤

第18回 アフリカの女性たちに思いを馳せて

第17回 アウトドアだけじゃない、室内でも大活躍

第16回 まるで魔法?!みたいなスニーカークリーナー

第15回 雨にもパソコンにも最強リュック

第14回 長いも細かいもお任せの小物入れ

第13回 季節を感じるベランダガーデン

第12回 狭いエントランスを、なんとかしたい

第11回 春待ち望む、きれい色のウールフェルト

第10回 エコでやさしいメンテナンス

第9回 ヒュッゲな暮らしに憧れて

第8回 幸せを運ぶ ツールボックス

第7回 軽くて丈夫な優れもの

第6回 やっぱりカゴが好き

第5回 マルチに活躍するシンプルグラス

第4回 15年後の雨の日も…

第3回 お弁当の悩み、色いろ解決。

第2回 我が家のニオイとアレルギーケア

第1回 たかがピーラー、されどピーラー

コラム一覧に戻る >

文と写真 小林千寿子 / フリーランス・デザイナー


神奈川県在住。 グラフィックデザイン会社、(株)ゼロファーストデザインを経て、1996年に(株)センプレデザインの立ち上げに参加。
センプレでは主にショップのカタログなど、グラフィック部門を担当。 1999年からフリーランスで、活動中。 大学生の娘と夫との3人暮らし。