トップ
商品情報へ
トップ  >  雑貨  >  収納雑貨  >  ビーム / NaKNaK

ビーム / BEAM

ビーム
W

ビーム
NaKNaK / ナックナック

¥ 10,450 〜 ¥ 13,200

おしゃれで機能的。2つのスペースを持つウォールシェルフ。

細長い紙を直角に折り曲げたようなフォルムのBEAMは、前後に2つのスペースがある、画期的なウォールシェルフです。例えば本や写真などを飾りながら、小物も一緒に収納したい時。後ろに立てたものが滑って手前の小物を落としてしまった!なんてことがありますが、このBEAMは前後がしっかり仕切られているためそんなストレスから解放されます。シンプルで洗練されたデザイン。リビングはもちろん、玄関やトイレなど家中様々な場所で活躍する、機能的なシェルフです。

ストーリー
閉じる...

使い方はアイデア次第!前後に仕切りのあるウォールシェルフ。

無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインに、マットなカラーとナチュラルウッドの組み合わせがおしゃれなウォールシェルフ、BEAM。実はこのシェルフには秘密があります。よく見ると左右に通ったウッドの後ろには、もう1つ別の空間が。そう、前後で2つのスペースに分かれている画期的なシェルフなのです。この後方の空間をどう使うかはアイデア次第。例えば、本やレコードジャケットなどをディスプレイしながら収納。仕切りの板が転び止めの役割を果し、立てかけたものが前へ滑ってくることを防ぎます。郵便物や冊子などの一時置きとしても使え、レターホルダーを別に用意する必要もありません。また、シェルフを目線より少し高めに設置すれば、ちょっとした目隠しスペースに。ごちゃつきがちで目につかせたくないものなどを入れておくのにも、役に立つという訳です。
本体はスチール製。そのおかげで棚の厚みは2mmという薄くスタイリッシュなフォルムを実現。細長い紙を直角に折り曲げたようなモダンな形状とそれを貫くナチュラルの板が、引き締まったデザインの中にも優しさをプラスします。
このウォールシェルフを生み出したのは、台湾で30年以上続く家族経営の金属メーカー、NakNak。職人の持つ金属加工の優れた技術と、デザイナーの完成が融合した、センス溢れるデザインが魅力です。
 

家具を置けない空間や、おしゃれにディスプレイしたい壁面に。

S size

玄関や廊下など家具を置けない、置きたくないなんて場所にも、壁付けであればちょっとした収納が可能になります。壁側のスペースは鍵や印鑑など、人目に触れさせたくないものを置いておくのにも便利。

L size

ソファの後ろやベッドのヘッドボード上などにお気に入りのものを飾って、おしゃれに「見せる収納」を。後ろに立てかけたものが滑って、手前のものを落としちゃった!なんてことにもなりません。

S size

郵便物や冊子、パンフレトなどの一時置き場にも。レターホルダー代わりとしても使えます。

L size

ごちゃつきがちなコードやモバイルアクセサリーなどを、半目隠しで収納できます。

ディテール

厚さ2mmのスチール板を折り曲げて作られた本体は、スタイリッシュな薄さが魅力。薄くてもしっかりとした作りで、耐荷重は5kgあります。
※耐荷重は取り付ける壁面の素材などによって変わりますので、ご注意ください。

スチール部分の仕上げはマットな質感の粉体塗装。粉体塗装は耐食性、耐摩耗性に優れているのが特長です。

仕切り板はサイドから取り外しが可能です。軽く持ち上げるようにしてシェルフの外側へスライドさせると、簡単に外れます。

仕切り板の外側下部にはわずかな出っ張りがあります。そのため設置後はズレたり外れたりしないような仕組みです。

2サイズ、3カラーの展開です。

見た目は小ぶりですが幅の内寸は48cmあり、A3の書類を横位置で立てかけられるサイズ。レコードジャケットも余裕でディスプレイができます。玄関やトイレなど、狭いスペースにも取り入れやすい大きさです。

Lサイズの幅内寸は71cm。レコードジャケットなら2枚、A4サイズなら縦置きで3枚並べて置ける大きさです。リビングでソファの後ろに設置したり、廊下の壁面に取り付けても、おしゃれ。

※ライトグレーは色名にグレーとありますが、感覚的にはかなり白に近い色調です。
 

壁への取り付け方

※この説明で取り付けている壁は、厚みのある木製壁です。一般住宅に多い石膏ボードやコンクリートなどの壁面に設置する際は、アンカーをご使用ください。

壁付けに必要なビスとコンクリート用のアンカーが付属しています。
※アンカーの種類は取り付ける壁の素材や構造によって変わります。石膏ボードなどコンクリート以外の壁面には、その壁専用のアンカーをご用意ください。

木の仕切り板を外してから、取り付けたい壁にシェルフを当てて、真ん中の穴からビスを止めていきます。

センターのビスを取り付けたら、シェルフの水平を確認します。水平の確認はスマホの「水準器」アプリを使用すると便利です。

棚が水平になったら、左右のビスを止めていきます。

しっかり壁付けされていることを確認し、最後に仕切り板を戻したら完成です。

 

寸法図

 

 

デザイナー
閉じる...

ジョン アストバリー & キュヒョン チョー

Kyuhyung Cho & John Astbury

John Astbury & Kyuhyung Cho(ジョン アストバリー & キュヒョン チョー)

ジョン・アストバリーは、ストックホルムにある自身のスタジオで活動する家具デザイナーです。人類学と社会学の学士号を取得後、2011年にスウェーデンのKonstfackの工業デザイン修士課程を卒業しました。卒業後、ニューヨーク、ロンドン、東京、パリ、ミラノで作品を発表しています。彼の作品は会話に基づいています。
キュヒョン チョーは、ストックホルムでスタジオを運営し、グラフィック、家具、テキスタイルデザイン、イラストレーションなど、幅広い分野のデザインに取り組んでいます。ストックホルムのKonstfackでストーリーテリングを、ソウルのKonkuk Universityでグラフィックデザインを学びました。彼は、自分の物語を書き、それを形や構成に変えて機能させるユニークな方法を持っています。

ブランド
閉じる...

NaKNaK

NakNakは台湾で30年以上続く家族経営の金属メーカーです。NakNakという名前は、金属加工時に工場に響く「コンコン(knock knock)」という音からインスピレーションを得たもの。熟練した職人の手作業で生み出される高品質の製品そのものを表しており、また人々の心のドアをノックし日常生活に新しいスタイルをもたらすことも意味しています。2014年から、金属加工の技術を次世代に引き継ぎながら新しい製品を生み出すことを目的として、スウェーデンを中心に世界各国で活躍するデザイナーとコラボレーションした製品を開発。金属のワイヤーやシートを折り曲げる技術を用いて作られるアイテムは、シンプルでデザイン性が高く機能的、そして楽しいがコンセプト。生み出される製品は現代のライフスタイルに合った、生活を豊かにしてくれるものたちです。

展示情報
閉じる...

SEMPRE HOMEの展示状況

◉こちらのブランドの展示がございます。

オンラインショップに掲載の商品は、実店舗の SEMPRE HOME にてご確認いただけます。
ネットの画面だけでは家具や雑貨を買うのが不安なお客様も、実際にサイズ感や質感等を見たり、触ったりして、お確めいただけるので安心です。

※展示状況は予告無しに変更となる場合がございます。
※SEMPRE HOME の詳しい展示状況については、商品コードと商品名をご確認の上、こちらよりお問い合わせください。
※お急ぎの場合は、SEMPRE HOMEへお電話 (03-6407-9081) でお問い合わせください。

閲覧履歴

閲覧履歴一覧はこちら ►