トップ
商品情報へ
トップ  >  インテリア  >  照明(ペンダント)  >  ピーエイチ ペンダント / Louis Poulsen  >  コード延長 既存全長~4mまで 引掛けシーリング付き

コード延長 既存全長~4mまで 引掛けシーリング付き
Louis Poulsen

既製全長~4mまでのコード延長をご希望の際は、こちらの商品をカートに入れて頂き、「ご購入手続き」のご要望に、天井からのシェード下端までの全長を明記してください。シェードを除いたコードの長さでの指定はお受けできませんので予めご了承ください。

詳細はこちら

既製全長~4mまでのコード延長をご希望の際は、こちらの商品をカートに入れて頂き、「ご購入手続き」のご要望に、天井からのシェード下端までの全長を明記してください。シェードを除いたコードの長さでの指定はお受けできませんので予めご了承ください。

商品詳細
商品コード900333
ポイント400 ポイント
送料区分 送料無料
サイズ
素材
納期2~3週間(メーカー取り寄せ)
ラッピング不可
補足事項受注商品の為、ご注文後のキャンセルはご遠慮ください
 
8,800(税込)
会員登録で400 ポイント還元
注文数

デザイナー
閉じる...

Poul Henningsen (ポール ヘニングセン)

Poul Henningsen (ポール ヘニングセン)

1894~1967年。
1925年、パリ工芸博覧会へのデンマーク参加に先立ち開かれた照明デザインコンペで入ポール ヘニングセン選、ルイスポールセン社との協力を開始します。
1925年から26年にかけ、ルイスポールセン社と共同でコペンハーゲンのフォーラム展示会場の照明デザイン契約を取得。このプロジェクトの中で今日として知られる、三枚シェードで光を拡散・反射させるランプの原型が生まれました。
生涯において200種類以上のランプをデザインしましたが、彼が意図したのは単なる照明器具のバリエーションではなく、照らし出される人や物、あるいは空間を理想的に見せるための「良質な光」の追求にほかなりません。
光の色、グレア、陰影といったような照明の基本事項をキーワードとしたヘニングセンの光に関する考察は、今日の照明文化においてもなお、重要な意義を持ち続けています。

ブランド
閉じる...

Louis Poulsen

ルイスポールセンは、1874年に創業したデンマークの照明器具メーカーです。
ルイスポールセンは、形態は機能に従う、というスカンディナヴィア・デザインの伝統にもとづく製品づくりを実践しています。ルイスポールセンの製品の機能とデザインはどれも、自然の光のリズムを反映し、サポートするよう意図されています。製品のすべてのディテールが目的を持っており、デザインのすべては光に始まり、光に終わります。
これまでポール・ヘニングセン、アーネ・ヤコブセン、ヴァーナー・パントン、ヴィルヘルム・ラウリツェン、オイヴィン・スロット、nendo(佐藤オオキ)、内山章一、ルイーズ・キャンベル、マッス・オドゴーといった、多くの優れたデザイナーや建築家と密接なパートナーシップによって、ルイスポールセンは世界トップクラスの照明メーカーとして確固たる地位を築き、住宅、建築、ランドスケープのための、屋内と屋外両方の照明ソリューションを世界中で提供しています。
センプレはルイスポールセンの「正規販売店」となります。
https://www.louispoulsen.com/ja-jp/findretailer

全般照明にもおすすめのペンダント

sempre

全般照明にも適した照明
リビングルーム、ベッドルーム、及びダイニングテーブルに適した照明。上方向や横方向に光を向けるランプが、高く吊る全般照明に適します。
PH 3/2PH 5-4½PH スノーボールPH 2/1 ステムフィティングパテラウォラートコラージュVLリングクラウンVL45 ラジオハウスモザー

sempre

全般照明に適さない照明
ダイニングテーブルに適した照明。下方向だけを強く照らすランプは、単独で高く吊るには適しません。
PH 3½-3(メタル)PH 5PH 4/3アバーヴLCシャッターズスィルクトルボー(メタル)

ピーエイチ ペンダント / PH Pendant

ピーエイチ ペンダント

ピーエイチ ペンダント
Louis Poulsen / ルイスポールセン

¥ 5,720 〜 ¥ 399,300

光をかたちづくるデザイン

1925年から1926年にかけて、ポール・ヘニングセンは3枚シェードのシステムによる照明器具を開発しました。PHの最初の複数シェードのランプは、パリで開催された展覧会のために、ルイスポールセンと共同でデザインされました。

※取り寄せ商品のため、ご注文後のキャンセルはご遠慮ください。

閲覧履歴

閲覧履歴一覧はこちら ►